新梨子油力発電所

新梨子油力発電所は、栃木県日光市足尾町にある足尾銅山関連施設跡の一つ。

重油を燃料とする発電所で、非常用電力供給設備として大正4年に建設された。出力1000kWは当時としては最大規模のものだった。昭和29年に廃止。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

新梨子油力発電所 住所

栃木県日光市足尾町砂畑

新梨子油力発電所 種類

廃工場・発電所

新梨子油力発電所 画像

新梨子油力発電所

新梨子油力発電所 写真・ブログ・リポート

REPORT - 104 通洞動力所・新梨子油力発電所 再訪|6Frogs - 毎日を
2011年6月5日 約1年振りに来ましたよ、足尾銅山系の遺構としては素晴らしい物件と言える通洞動力 所・新梨子油力発電所の再訪です。2つの廃墟が混同されてますがコンクリート製の 建造物が新梨子油力発電所跡、レンガ造りの建造物が通洞動力所跡
REPORT - 021 通洞動力所・新梨子油力発電所|6Frogs - 毎日を
2010年5月13日 栃木県足尾町│通洞動力所・新梨子油力発電所. 滅びの美学 [ 廃墟
【足尾銅山】新梨子油力発電所:再訪 - 追憶の彼方へ-廃墟黙示録
2008年1月15日 ここの新梨子油力発電所も前回は中に入らなかったので、今回はちゃんと確認してき ましたよ~♪ 大正4年に建設され昭和29年に 廃墟は危険なのでオススメはしません が、もし行ったらテンション上がりまくりですね! 私も4.6枚目の写真は
10,新梨子油力発電所 - 足尾銅山の世界遺産登録をめざして
新梨子油力発電所 -解説-. 重油を燃料とする発電所で、非常用電力供給設備として 大正4年に建設されました。出力1000kWは当時としては最大規模の 新梨子油力 発電所の画像. 新梨子油力発電所に関する画像です(クリックで拡大). 新梨子油力発電 所
光影寫眞 新梨子油力発電所&通洞動力所
09年撮影。 隣接しているので新梨子油力発電所と通洞動力所の二つを一つの枠で紹介させていただきます。 ここは通洞変電所、新梨子油力発電所、通洞動力所と3つの施設が隣接して建っています。 新梨子油力発電所は大正四年に建設され重油を燃料
廃墟を旅する 【産業遺産】足尾銅山 新梨子油力発電所
2011年12月8日 足尾の歴史を物語る遺構は多数存在するが、その中でも通洞動力所の隣に位置して いるのが、この『新梨子油力発電所』である。 この廃墟は重油を燃料とする発電所であり 、非常用電力供給設備として大正4年に建設されたようだ。当時として
硝化の穹 新梨子油力発電所
2012年1月29日 倒壊した建物のほうへ抜けると、目的のものが見えてくる。 P1290244.jpg これが新 梨子油力発電所。 P1290245.jpg そばには壊れた車が。 形からして相当古そうだ。 P1290246.jpg 廃墟ならではの古さと寂しさを伺わせる窓が出迎えてくれ
足尾銅山・新梨子油力発電所跡 - Yahoo!ブログ - Yahoo! JAPAN
2009年6月9日 日本各地の廃墟・廃校・観光スポット・工場夜景等を紹介していきます。 足尾銅山・新 梨子油力発電所跡 発電所で、大正4年に通洞鉱山の非常用電力供給設備として 建設され、出力1000kwは当時としては日本最大の油力発電所でした。
[鉄のラビリンス、再び後編]by玩具工場2F
まあそれはおいといて、今回見に行ったのは新梨子油力発電所。名前のとおり発電所ですが、その歴史は古く中は発電所のイメージとは程遠い感じでした。どちらかというと工場の内部のような感じ?通洞動力所という建物がすぐ横に隣接していて、今回はそれとセットで撮影を行いました
足尾銅山、新梨子油力発電所|「そうだ樹海、行こう」 |←樹海| ┗(^o^ )┓三
足尾銅山の通洞選鉱場の目の前にある、新梨子油力発電所の廃墟。「油力」とあるとおり、重油を燃料にした、火力発電所だ。大正4年(1915年)建造。出力1000kw。昭和29年(1954年)に廃止された。黒と緑の模様は、第二次大戦中に爆撃を避けるためのカモフラージュ
廃墟 足尾銅山 通洞工場(新梨子油力発電所) - 昭和スポット巡り - ココログ
2014年12月2日 トロッコ電車に乗っている時に気がついたのですが、敷地の脇にずいぶんと迫力のある廃墟らしき建物が見えます。 た物件のようですね。名称は「通洞工場」或は「新梨子油力発電所」らしいですが、通洞工場の方が信憑性が高そうでした。
元気すぎ!わたらせ渓谷鐵道はすごかった!|歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!
ちなみにこちら、自分が一番行ってみたかった、現在は廃墟となっている新梨子油力発電所です。戦時中に敵陣からの空襲から身を守るために塗られた迷彩柄が、現在でも残っているというツワモノでした。神戸駅(ごうどえきと読みます)で、お弁当を作っていたおばちゃんに押し売られ
フレアスタック A銅山発電施設
廃虚ネタ。栃木の某有名鉱山の発電施設。撮影したのは結構前になります。入れるとは思ってなかったのでとても嬉しかった記憶が・・・こういう古い発電施設は機械の具合がとてもよい。ディスイズ廃墟つうか、まさに廃虚美。威厳があります。鉄はいいね。鉄は。豪快なタービン。二機
足尾銅山、新梨子油力発電所|「そうだ樹海、行こう」 |←樹海|  ┗(^o^ )┓三
足尾銅山の通洞選鉱場の目の前にある、新梨子油力発電所の廃墟。「油力」とあるとおり、重油を燃料にした、火力発電所だ。大正4年(1915年)建造。出力1000kw。昭和29年(1954年)に廃止された。黒と緑の模様は、第二次大戦中に爆撃を避けるためのカモフラージュ