本山製錬所

本山製錬所は、栃木県日光市にある足尾銅山の製錬所跡。銅の産出量の増加に対応するため、明治17年に直利橋製錬分工場として開設された。

1989年操業停止。2010年より解体作業が初められ、大煙突、自溶炉、転炉、鋳造機、硫酸タンクなどいくつかの遺構を除いて解体された。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

本山製錬所 住所

栃木県日光市

本山製錬所 種類

廃工場・発電所

本山製錬所 画像

本山製錬所 写真・ブログ・リポート

足尾本山の製錬所 - 足尾銅山、終わらない公害 | ありの木日記 - [ありの木]
本山製錬所跡(足尾本山駅). 南橋から見る製錬所: 南橋から本山製錬所跡を望む。 旧 南橋社宅からさらに山の方へ進んで行くと、いよいよ足尾本山駅があった本山製錬所の 跡地が見えてきます。 足尾本山駅があったかつての製錬所。 出川橋梁: 足尾本山駅の
足尾銅山跡
2010年11月1日 本山(ほんざん)精錬所跡付近。精錬所のシンボル・大煙突が見えている。トラックが入っ て行ったが一般車両は進入禁止。 赤い屋根の洋館風の建物は塗装が真新しい感じで、 今も使われているのだろうか。
8,本山製錬所 - 足尾銅山の世界遺産登録をめざして
本山製錬所 -解説-. 銅の産出量の増加に対応するため、明治17年に直利橋製錬分 工場として開設されました。 当時の先端技術を導入し、生産量が飛躍的に増加しました が、同時に亜硫酸ガスの排出によって煙害問題も発生しました。その後、煙害克服の ため
足尾銅山の歩みを物語る近代化産業遺産群
空に向かってスックと建っている煙突は、大正8年(1919)に造られ、高さは約45mあり、 本山(足尾)製錬所のシンボルともいえるものです。反射炉工場から出る製錬排煙は、 電気集塵装置で除塵し、この煙突から排出されました。
足尾本山製錬所
なんていう荒技もあるみたいですけど 内部に興味ある方は検索してみて下さい。 結構凄いです 仕方ないので対岸から眺める。 完全に廃墟になったら実際に見てみたいです。 D300 足尾鉱山 本山製錬所
足尾銅山、本山精錬所の最後 その1|「そうだ樹海、行こう」 |←樹海| ┗(^o^ )┓三
足尾銅山の本山精錬所エリアの解体が始まった、という話を12月末に「大廃墟サミット」という名目の飲み会で、廃墟仲間から教えもてらった。「足尾銅山」。明治期の銅産出量は、最大で国内生産の40%以上をまかない、未熟な産業しかなかった当時の政府にとって銅は貴重な輸出品
本山精錬所
2010年に解体された本山製錬所。もう二度とこの建物を見る事は出来ない。 写真は 2008年に撮ったもの。鉄橋の先に精錬所が確認出来る。 こちらは2010年7月下旬に 撮ったもの。既に精錬所は解体され、更に向こうの山が見える。 更地になった精錬所跡 。
廃墟を旅する 【廃線】足尾銅山 足尾廃線
2011年12月17日 足尾銅山の本山製錬所を一望できる場所があった。 ここから見える景色は以前の足尾 から比べればさびしいものになっている。製錬所施設の解体がかなり進み、通称「像の 檻」と言われていた巨大な廃墟も、現在ではその土台の骨組しか
本山(精錬所跡) - nifty
2004年11月7日 本山(ほんざん)(精錬所跡) 国鉄足尾線の時代も旅客は間藤駅までであったが、貨物 はその1.7km先の精錬所構内まで入っていた。 その線路が今もまだ残されている。 左 は間藤駅から数百mのところの踏み切りから見た線路、枕木が置
足尾銅山
旧坑を利用し明治18年(1885)7月開坑、同時に選鉱所や製錬所、学校や鉱山住宅が 建設された。 明治26年(本山坑)とつながる、その後(通洞坑)側ともつながる。 昭和29 年(1954)小滝坑廃止。 小滝側のズリでは、現在も鉱物が採集可能のようである。
廃墟デフレスパイラル ~ぼくたちの秘密の場所~
こういった場所には比較的いろいろな物が残っている。 この倉庫は屋根もしっかりして いる 現役施設だろうか。 実は本山精錬所は精錬所としては役目を終えたが一部の施設 は現役で利用されているのだ。 だから ここの探索は作業員の方に見つかってしまう 可能
くろべぇの廃墟:足尾銅山本山製錬所-livedoorBlog(ブログ)
2008年9月17日、10月22日、2009年1月2日、10月13日探訪。足尾銅山の本丸、本山製錬所。ここに入る事を夢見て何度も訪れたが、その夢が叶う事はなかった。2010年5月初頭、大部分が解体済み。製錬所の遺構や事務所棟。
本山精錬所 廃墟-内-存在blog ~廃ないろいろ、あと何か
足尾といえばやはり「本山精錬所」。 いつみてもこの骨組と煙突は威圧感というか存在感があり、そしてなにより象徴的です。 今回いろいろと歩き回って特に感じたのは、誤解を恐れずに言えば、町の不自然さ。 地元の方には失礼な言い方に 
兵どもが夢の跡 「足尾銅山」本山 古河製錬所跡 - のんちゃんのブログ☆ - Yahoo!ブログ
松木川の対岸から臨む本山製錬所跡古河橋を渡ったすぐ右手に見える製錬所施設への入り口。本来、施設入り口の門は閉鎖されていて中には関係者以外入れません。なので、これより先の撮影は不法侵入となります。普段の入り口⬇︎好奇心に負けて不法侵入、結果的に大変なことになりま
巨大精錬場跡 足尾銅山
廃墟鉱山廃坑坑道廃鉱巨大銅山精錬場跡(レポート上部には週末探検隊の撮影した写真も掲載されております。)巨大精錬場跡に足を運んだ。2007年の事だった。(週末探検隊:撮影写真)(週末探検隊:撮影写真)(週末探検隊:撮影写真)(週末探検隊:撮影写真)三才ブックス様