キャンプ・ドレイク

キャンプ・ドレイクは、埼玉県和光市、同県朝霞市、同県新座市、東京都練馬区にまたがる、アメリカ陸軍第8軍団隷下部隊、第一騎兵師団が駐屯していた基地の名称である。旧米軍朝霞(あさか)キャンプ。「キャンプD」等として紹介されていることもある。

返還後、様々な施設の用地として再利用されているが、フェンスで仕切られた未整理区画が残っている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

キャンプ・ドレイク 住所

埼玉県朝霞市青葉台1丁目

キャンプ・ドレイク 種類

軍事施設・戦争遺構

キャンプ・ドレイク 画像

キャンプ・ドレイク 写真・ブログ・リポート

キャンプ・ドレイク跡地
東京近郊には旧米軍基地関連の廃墟が多く残っているが、このキャンプ・ドレイクもその 一つ。地図にも記載されている有名なスポットである。場所は東武東上線朝霞駅の近く、 朝霞中央公民館に隣接する地域になる。敷地は南北に細長い長方形で、四方に
キャンプドレイク(陸軍被服本廠作業所跡)
廃墟 キャンプドレイク(陸軍被服本廠作業所跡). 藪は酷いし、真新しい車も停まって いる。「誰かいるのか?」 恐らく何者かが居たのであろう、接敵はしていないが。 更に 季節柄。蛇はいるは、蜂(ミツバチ)はいるは・・・。生物兵器(笑)に阻まれながら、 「秋に 行け
米軍基地キャンプ・ドレイクの痕跡「朝霞」を歩く (2) - 東京DEEP案内
古ぼけたコンクリート建築のオンボロパブの数々。その多くは廃墟同然に打ち捨てられて いるかのようだ。かつてキャンプ・ドレイクが現役だった頃、この辺で羽目を外して回る 米兵達を相手にしていたのは「パンパンガール」と呼ばれる街娼の女性達であったという
米軍基地キャンプ・ドレイクの痕跡「朝霞」を歩く (3) - 東京DEEP案内
これでも昔は勝手に出入りして廃墟探検なんぞをやらかす無謀な奴らもいたようだが( ネット上
朝霞市の米軍基地「キャンプ・ドレイク」跡が公務員宿舎になる(上): 月刊
2007年7月8日 朝霞市の米軍基地「キャンプ・ドレイク」跡が公務員宿舎になる(上). 人気シリーズ「あの 事件を追いかけて」+「ホテルニュージャパン 火災後の廃墟」は、2010年4月に書籍化 されます。 ただの書籍化ではありません。大幅リライトのうえ関西
朝霞市の米軍基地「キャンプ・ドレイク」跡が公務員宿舎になる(下): 月刊
2007年7月9日 朝霞市の米軍基地「キャンプ・ドレイク」跡が公務員宿舎になる(下). 人気シリーズ「あの 事件を追いかけて」+「ホテルニュージャパン 火災後の廃墟」は、2010年4月に書籍化 されます。 ただの書籍化ではありません。大幅リライトのうえ関西
米軍基地キャンプ・ドレイクの痕跡「朝霞」を歩く (1) - 東京DEEP案内
池袋から東武東上線に乗って朝霞までやってきた。埼玉県朝霞市と言えば街の南側に 広がる陸上自衛隊朝霞駐屯地に加え、いまなお残る広大な米軍基地「キャンプ・ドレイク 」跡
キャンプ・ドレイク: tsunokenのブログ
2010年10月4日 朝霞市、新座市、志木市、練馬区などの広大な敷地を使用したキャンプ・ドレイクは朝鮮 戦争の時の米陸軍の中心基地だった。元々は陸軍被服廠だったり、風船爆弾(といって も分からない人が多いだろうから説明すると、日本は太平洋戦争
とある米軍の基地跡廃墟<キャンプD>
呼称・とある米軍の基地跡廃墟場所・関東地方画像が表示されない場合は、ブラウザの更新ボタン(F5キー)で再度読み込みを行ってください。関東某所に米軍基地跡があるということで、森の中へ。自然の中にも少しずつ人工物が現れ始めた。大きな貯水タンクだろうか。森ボーイ?あ
キャンプ・ドレイクを見る|廃墟自転車パンケーキ
暑い日が続いています。今日なんて、都内は体が溶けそうな気温で、外に出るのも嫌だったんです。が、近くに廃墟があると分かると行きたくなるのも事実。というわけで、キャンプ・ドレイクに行ってきました。キャンプ・ドレイク(英:CAMPDRAKE)は、埼玉県和光市、同県朝