清陵小学校(夕張市)

清陵小学校は、北海道夕張市にあった学校。

昭和25(1950)年開校、平成元(1989)年に閉校、清水沢小学校に統合された。

体育館のみ取り壊されてて多くの施設が廃墟化していたが、2010年12月にすべて解体。記念碑のみ残されている。

解体され現存していません

清陵小学校(夕張市) 住所

北海道夕張市清水沢清陵町

清陵小学校(夕張市) 種類

廃校

清陵小学校(夕張市) 画像

清陵小学校(夕張市)

清陵小学校(夕張市) 写真・ブログ・リポート

青陵小学校
北海道夕張市立 青陵小学校 (廃校) 昭和25年新清水沢分校として授業開始。 昭和28 年夕張市立青陵小学校と改称。新校舎も落成。 昭和51年校舎改修工事(モルタル塗装 等) 昭和53年焼釜小屋完成(陶芸用?) 平成2年廃校(記念碑から推察) 現在は近隣
殺伐観光.com 【廃校】 夕張市立清陵小学校
2010年12月11日 【廃校】 夕張市立清陵小学校. 夕張市の学校解体計画を聞いたのが 夏になる少し手前 くらいだったと思う しかし どこの校舎が壊されるかという情報までは入手できませんで した。 ここ 夕張市立清陵小学校を訪れたのは 暑かった夏の頃でした。
夕張市立清陵小学校 夕張市 廃校 北海道
2009年3月29日 夕張市立清陵小学校. 開校:昭和25(1950)年1月25日、閉校:平成元(1989)年3月 31日。 清水沢小学校に統合。 石油タンクは、廃校後に設けられたと思われる。 石油 タンクに隠れるなんて・・・・. 学校関係者は予想もしなかったことだろう
夕張市立清陵小学校
夕張市立清陵小学校昭和25年1月25日開校平成元年3月31日閉校平成20年5月訪問夕張市清水沢道道1008号線から東側山裾へと進む入り口には良く見ると校門がこの様な状態で残るその門柱には清陵小学校の学校名が付いたままであった奥へと進んで行くとこの素晴らしい2階
05-夕張-清陵小学校
清陵小学校閉校後は一部、陶芸のアトリエとして使われていたいまも第二校舎の用務員室あたりが使われているようだそういえば用務員室の向かいが石炭貯蔵場所で当番になるとせっせと石炭を運んだダルマストーブの蒸発皿であたためた牛乳は特別にうまかった
夕張市立清陵小学校体育館 : 萩原義弘のすかぶら写真日記
1992年・夕張市立清陵小学校体育館同校は、夕張新炭鉱に通う炭鉱マンの子供たちが数多く通学していた。夕張新鉱が1982年に閉山。清陵小(50年開校)も89年に閉校した。体育館は木造で雰囲気がある建物だった。現在、同体育館の古材は再利用され、富良野市北麓郷の研修
夕張市立清陵小学校
夕張市立清陵小学校1989(平成元)年3月31日閉校(校舎と体育館)清陵小学校は夕張市清水沢地区にあったもうひとつの学校で,国道453号線や石勝線(支線)から夕張川を渡り向う側にあります。学校のある清陵町には,谷間の狭い場所に平屋の市営住宅や集合住宅が多く立ち
炭鉱とともに生きた学校を訪ねて③ -夕張市立 清陵小学校ー( 小学校 ) - 美紗子の写真日記 ROOTSー地球遺産ー - Yahoo!ブログ
清陵町の、新しい小学校と中学校の校舎が向かい合って建っている道を通り過ぎ、その先の丘の上。かつての清陵小学校が、ひっそりと立っていました。戦後、昭和25年の開校。平成元年に閉校。他の地域と比べたら、新しい学校ですね。複数の校舎を持つ大規模な小学校。この地域の当
yubari-seiryo.htm
夕張市立清陵小学校跡清陵小学校は清水沢小学校新清水沢分校として開校しました。炭鉱全盛期の頃は清水沢地区の人口はかなりのものだったと聞きます。旧清水沢小学校と統合し、清陵地区に新たに清水沢小学校が開校しました。清陵小学校が移転・改称した形になっているようです。廃
あの頃の夕張を求めて 清陵小学校
3年前の清陵小学校の冬でした。町を見下ろす山側の一番奥に見えた、すばらしい校舎です。あの頃を感じさせるたたずまいに心を打たれました。とても雪が深くて、もう少ししたらきちんと見に来ようと思っていましたが・・・うわわ・・・これは・・1年ぶりに訪れたときに、始まって
エアぶろ 夕張清陵小学校解体跡地
冬に解体されていた清陵小学校がどうなったかというと…二次利用されていた、創作の館の看板は残っていますが、あとはまるっきりの更地に。こちらも、閉校の碑が残されていました。
清陵小学校
清陵小学校取り壊されるという清陵小学校。まわりに住宅がたくさんあって、危ないからからというのが、その理由なんだろうけど…。
夕張清陵小学校跡 | ちょっと探検な日記
清陵小学校跡へ行ってみた。この写真は2009年に撮ったもの解体されたとは聞いていたが、現在はその痕跡すら残っていませんでした。残されていたのは記念碑だけです。
旧清陵小の解体…その後|公務員の独り言
老朽化で建て替え計画が進んでいる夕張岳ヒュッテ(=簡易宿泊所)の建設コストを下げるため、建設資材として、解体された旧清陵小校舎の廃材が活用されることになった。計画を進める市民団体「ユウパリコザクラの会」(藤井純一代表)が、校舎を管理する市と交渉し、承諾を得た。