ゴリオトック刑務所(クロアチア)

クロアチアのプリモリェ=ゴルスキ・コタルにあるゴリオトック島のゴリオトック刑務所(Goli Otok Prison)。

ゴリオトックはイタリア語で「不毛の地」の意味。旧ユーゴスラビア時代の1949年、無人島だったこの島に政治犯を収容すべく建てられた。1956年までは極秘施設だった。約4000人の囚人たちがいたが、他の囚人や看守に殺されるか、処刑されるかした。

現在は羊飼いを営む人以外は無人の島となっている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ゴリオトック刑務所(クロアチア) 国

クロアチア

ゴリオトック刑務所(クロアチア) 種類

刑務所・矯正施設

ゴリオトック刑務所(クロアチア) 画像