カラバンチェル刑務所

グラフィティまみれのパノプティコン

スペインのマドリード近郊にあるカラバンチェル刑務所(Carabanchel Prison , Carcel de Carabanchel)。

スペイン内戦後の1940年から1944年に政治犯を収容すべく建設された。ジェレミー・ベンサムの設計したパノプティコンの構造を取り入れている。1998年の閉鎖までヨーロッパ最大の刑務所の一つだった。

マルセリーノ・カマチョなど、左派著名人の多くが収容されたが、フランコの死後はバスクの民族組織「バスク祖国と自由(ETA)」の関係者が投獄された。

閉鎖後に略奪の対象となり、壁の多くにグラフィティが施された。住民は保存を求めたが、政府は2008年7月に解体しアパートや病院を建設することを決定し、2008年後半に取り壊された。

衛星写真では現在でも確認できる。

解体され現存していません

カラバンチェル刑務所 国

スペイン

カラバンチェル刑務所 種類

刑務所・矯正施設

カラバンチェル刑務所 画像

カラバンチェル刑務所 写真・ブログ・リポート

Deprisa, deprisa / 急げ、急げ [スペイン映画]: Cabina
2011年2月19日 撮影終了してから公開までの間にヘスス・アリアスは逮捕され、カラバンチェル刑務所や その他の矯正施設に収容される .. がやってきて報復措置としてキリスト像を的に射撃 の《セレモニー》をしたうえ、最終的には破壊、廃墟にしてしまった。
Mitos, Enigmas y Leyendas: LA ANTIGUA CÁRCEL DE CARABANCHEL
La cárcel de Carabanchel fue una cárcel española situada en Madrid. Su nombre oficial era el de Prisión Provincial de Madrid y fue