小菅修船場

ソロバンドック

小菅修船場跡(こすげしゅうせんじょうあと)は、長崎県長崎市小菅町にある国の史跡。船台式ドック、煉瓦造りの機械室、英国製巻上げ機などがらなる。遺構の外見からソロバンドックの名で親しまれている。

1868年(明治元年)12月に完成した日本初の西洋式ドックである。小松帯刀や五代友厚、トーマス・グラバーらが計画して造られた。翌年、明治政府が買収し、長崎製鉄所の付属施設となる。所長は平野富二。1884年(明治17年)、三菱所有となり、現在の三菱重工長崎造船所の礎となる。

1969年(昭和44年)に国の史跡に指定。2009年(平成21年)1月、「九州・山口の近代化産業遺産群」の一つとして世界遺産暫定リストに追加掲載された。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

小菅修船場 住所

長崎県長崎市小菅町

小菅修船場 種類

廃工場・発電所

小菅修船場 画像

小菅修船場 写真・ブログ・リポート

情景探索記 ソロバンドック(4) -小菅修船場跡-
よく見たらタイトル「ドッグ」になってたぁ!!(今頃)(/ω\)ハズカシーィ まぁ気を取り直して・・・・ そもそも何故ソロバンドックなのか? 船を引き揚げる滑り台がソロバン状に見えたため、 こんな通称がついたみたいようです
廃墟 近所の世界遺産 小菅修船場
2012年4月13日 廃墟 近所の世界遺産 小菅修船場. [携帯版(QRコード)] 総閲覧 新記事2012/04/14 廃墟 超ド級オフロード車両 オーバーランド・トレイン 小菅修船場跡(こすげしゅう せんじょうあと)は、長崎県長崎市小菅町にある国の史跡。船台式ドック、
そろばんドック
写真下は廃墟となった建物内部。当時使われていた生活品がそのままに残っているの が 正式名は小菅修船場。地元長崎市民でもなかなか行かないマニアックな 小菅 修船場は明治元年(1868)12月完成。 巻き揚げ機小屋には「こんにゃく煉瓦」が使われ て
建築マップ 長崎県[小菅修船場]1/2 - FC2
2013年9月23日 これが小菅修船場(こすげしゅうせんば)です。1887(明治20)年に官営だった長崎製鉄所が三菱に払い下げられると、大型ドックを擁する造船所に発展し、現在の三菱重工長崎造船所へと至ります。一方、付属施設である小菅修船場は、小型 
情景探索記 ソロバンドック(2) -小菅修船場跡-
2009年12月2日 今回は廃墟撮影じゃないので朽ち方はホドホドでいいですw. 2009.12.03 こういう近代化遺構は廃墟とはまた違った魅力がありますよ 調べていると新た ソロバンドック(3) -小菅修船場跡- l ホーム l ソロバンドック -小菅修船場跡- ».
廃墟&近代化遺産(小さな力持ち小菅修船場):響とバイクと山遊び:So-netブログ
日本初のスリップ・ドック現存する最古のこんにゃく煉瓦薩摩藩が、あのトーマス・B・グラバーの協力の元で造った小菅修船場。長崎県長崎市小菅町の海沿いにあるソロバンドック(スリップ・ドック)です。幕末から船舶の大型化と需要が高まりそれらの船舶を修理、製造するために1
廃墟 近所の世界遺産 小菅修船場 - 作品データベース
小菅修船場跡(こすげしゅうせんじょうあと)は、長崎県長崎市小菅町にある国の史跡。船台式ドック、煉瓦造りの機械室、英国製巻上げ機などがらなる。遺構の外見からソロバンドックの名で親しまれている。 1868年(明治元年)12月に完成した