エニウェトク環礁の核実験跡

エニウェトク環礁(Eniwetok Atoll)とは中部太平洋、マーシャル諸島にある環礁。円周80kmのラグーンとその周囲のおよそ40の島からなる。

第一次世界大戦中の1914年に日本が占領し、1920年に日本の委任統治領となり、ブラウン環礁とも呼ばれた。

第二次世界大戦後、住人は立ち退かされ、環礁は太平洋核実験場の一部となり、1948年から1962年までアメリカ合衆国の核実験に使われた。1948年4月30日のサンドストーン作戦(エックスレイ実験)を皮切りに、1952年には最初の水爆実験アイビー作戦(Operation Ivy)が行われた。

1977年5月15日、アメリカ政府は汚染された土壌などの除去を開始した。そして1980年に安全宣言が出されたが、30年を経ても島ではヤシの木や穀物が育たなかった。現在も島の北半分は放射能汚染レベルが高く活用できず、南半分で生活している。取り除いた放射能汚染物質をコンクリートで格納したルニットドームも存在する。プルトニウムの半減期は2万4000年だが、コンクリートの耐用年数は長くて100年であり、すでにひび割れも始まっている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。現在使用されていない物件であったとしても、再利用・再建される場合があり、当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです

エニウェトク環礁の核実験跡 国

マーシャル諸島

エニウェトク環礁の核実験跡 種類

軍事施設・戦争遺構

エニウェトク環礁の核実験跡 画像

エニウェトク環礁の核実験跡 写真・ブログ・リポート

核実験のマーシャル諸島、半世紀を経て帰島進む
画像:放射性廃棄物を封じ込めた「RUNIT dome」(左)=エニウェトク環礁で 米ソ冷戦時代の1946~58年、米国は中部太平洋、マーシャル諸島共和国のビキニ環礁とエニウェトク環礁で計67回の核実験を行った。8月末、最後の実験から半世紀以上を経
水爆実験とマーシャル諸島
アメリカは1946年から58年にかけて、このマーシャル諸島のビキニ・エニウェトク両環礁 で計67回もの原水爆実験を行ってきた。東西冷戦の そして1952年11月、 エニウェトク環礁にあるエルゲラップ島で、史上初の水爆「マイク」の実験が行われた。 実験では
エニウェトク環礁 - 地球探検の旅
2007年7月28日 マーシャル諸島、アメリカがもう一つの核実験を行ったエニウェトク環礁です。こちらの方 がクレーターがはっきりと見られます。ところで、マーシャル諸島って独立していたんです ね、大変失礼しました。
アメリカの核実験により放射性物質のゴミ箱となってしまったエニウェトク
2013年1月21日 太平洋では100回以上も行われている。 エニウェトク環礁は、40の島々から成る中部太平洋のマーシャル諸島にある広大なサンゴ環礁だ。ビキニ環礁から西に305キロ離れたところにあり、第二次大戦後、主要な核兵器の実験場となった。

エニウェトク環礁の核実験跡 キーワード

日本人 宮川 漁船員 日本 原水爆実験 一九四六年 南太平洋 向けて 随伴 燃料 第38任務部隊 ミシシネワ マヌス島 kt Mt アメリカ軍 キノコ雲 1946年 1948年 核実験場 IAEA ビキニ環礁 核実験 1952年 水爆実験 マーシャル諸島エニウェトク環礁 成功 アメリカ バスター・ジャングル作戦 11月1日 島