三菱古賀山炭鉱

三菱古賀山炭鉱は、佐賀県多久市にあった炭鉱。

明治23年に三菱が古賀山炭鉱を譲り受け、最盛期には従業員1000名、年間最大出炭量53万トンを誇った。昭和43年1月閉山。

大正6年に建てられたコンクリート一体のラーメン構造の竪坑櫓、ホッパーなどの遺構が現存している。

地図はホッパー跡。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

三菱古賀山炭鉱 住所

佐賀県多久市北多久町大字小侍708

三菱古賀山炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

三菱古賀山炭鉱 画像

三菱古賀山炭鉱

三菱古賀山炭鉱

三菱古賀山炭鉱 写真・ブログ・リポート

三菱古賀山炭鉱 ホッパーと関連施設 | 九州ヘリテージ フィールドノート
多久駅で1890年製のプレートガーダ橋を発見するという思わぬ収穫がありましたが、ここ多久市に来た本来の目的は炭鉱遺構を見て回ること。さてと、それらしいものは…と探すことなく、多久駅に来ればドーンと目に飛び込んでくるのがこの大きなホッパー。多久市の東部に竪坑櫓が
多久:三菱古賀山炭鉱(7 [森から脱出] SERIES END | FORBIDDEN KYUSHU
やっと青空の下に戻ってきた、という感じ。出た先はあの線路沿いにある巨大ホッパーだった。森の中を歩き回り、汗だくのヘトヘト、しかし目の前にあるホッパーにカメラを構えられずにおれません。以上で古賀山炭鉱篇は終了となります。余談ですが、この日は身内が意識不明となった
三菱古賀山炭鉱
三菱古賀山炭鉱佐賀県多久市東多久町(2009年9月20日撮影)JR佐賀駅から唐津線で約20分の所に東多久駅がある。無人駅であるが、その待合室には同町にあった炭鉱の風景写真が飾られてある。昭和24年、北多久村が人口増により町制を敷き、さらに同29年、北多久町、東
多久市 旧三菱古賀山炭鉱~竪坑櫓とホッパー跡|大牟田、荒尾ファンからのメッセージ
目的地は、多久市内に残る「旧三菱古賀山炭鉱」の竪坑櫓とホッパー(貯炭庫)跡です。多くの方がブログでご紹介されており、その存在を知りましたので、ぜひ一度行ってみたいと思い、今回行って来ました!!小城市から国道203号線をさらに進んで多久市内へ入りましたが、
三菱古賀山炭鉱 トライスターの放浪日記/ウェブリブログ
佐賀県の多久市にあった炭鉱です。ここの炭鉱の遺構で有名なのはやはりコンクリート製の竪坑櫓と多久駅の近くに残るホッパーが有名ですよね。5年くらい前から何度もこの二つの遺構を見に来た事はありますが今となっては結構メジャーな遺構なのでアップしようか迷いましたがアニキ
廃墟&近代化遺産(多久の竪坑櫓跡):響とバイクと山遊び:So-netブログ
この竪坑櫓は旧三菱古賀山炭鉱の竪坑櫓で1917年(大正6年)に建てられ1968年(昭和43年)に閉山となった後、現在の姿になっています。九州では筑豊や大牟田が石炭では有名ですが当時はこうした小さな規模の炭鉱がたくさん有ったみたいですね。炭鉱があったことすら、こ
ALL-A[古賀山炭鉱トップ]
佐賀県に広がる唐津炭田において多久市は主要な炭鉱町だった。三菱古賀山炭鉱は同市で操業していた炭鉱のひとつで、竪坑櫓やホッパーなどの遺構が現存している。トライスターさんの調査によると明治20年代には既に操業していたようだ。閉山は1968(昭和43)年。
フクダジマ探検記 古賀山炭鉱
佐賀県多久市に存在した三菱鉱業経営の巨大炭鉱。JR唐津線の下りディーゼルに揺られていると、多久駅手前で大きなホッパーが車窓に映る。このホッパーの左側丘の上は、古賀山本坑の鉱業所があった場所。ここから出た石炭をひっきりなしに貨車へ流し込んでいたのだろう。多久駅に