スタンリードック煙草倉庫

スタンリードック煙草倉庫(Stanley Dock Tobacco Warehouse)は、イギリスのリヴァプールにある煙草倉庫跡。リーズ・リヴァプール運河に面した高さ38m、14階建ての建築。世界最大の煉瓦建造物と言われている。

1901年に作られたが、リヴァプールでの煙草取引減少に伴い、1980年代に使われなくなった。

再開発の計画もあり、一階部分は日曜市などで活用されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

スタンリードック煙草倉庫 国

イギリス

スタンリードック煙草倉庫 種類

倉庫

スタンリードック煙草倉庫 画像

スタンリードック煙草倉庫 写真・ブログ・リポート

United Kingdom - energie-cities.org
この地域には、数多くの乾湿両方のドック、橋梁、倉庫などが残されており、特に倉庫に は世界最大級のレンガ建造物であるスタンリー・ドック・タバコ倉庫(Stanley Dock Tobacco Warehouse)が含まれている。 キャッスル・ストリート保存地域; 「商業街区」