プリピャチ

チェルノブイリ原子力発電所事故で無人化した街

プリピャチ(プルィーピヤチ、プルィープヤチ、プリーピャチ)は、ウクライナの北部にある市である。1986年に起きたチェルノブイリ原子力発電所事故によって住民が避難したため現在は無人となっている。

ソビエト連邦時代の1970年にチェルノブイリ原子力発電所の従業員用の居住地として創建され、同発電所が市中心部の4キロ南に位置する。当時は地図上にない閉鎖都市として存在していた。事故直前の人口は約49,400人であった。

事故後街がそのまま放棄されたため、ソ連後期の特徴をよく示したアパートなどの建築物などがそのまま残されたゴーストタウンと化している。

プリピャチは非常に近づきやすく、また道路上は比較的安全である。しかしプリピャチとその周辺は生活するには危険であり、放射性物質が安全なレベルまで十分に減少するまで約900年かかると概算している。そのためプリピャチを歩き回る際にはガイガーカウンターが必要となっている。

全ての建物のドアは中に入る人の危険性を下げるために開け放してあるが、その多くは高レベルの放射性物質が蓄積しており、年間許容被曝量を超えてしまう危険性があるため、一般人立ち入り制限区域指定がなされている。地元ツーリスト主催での正規見学ツアーが存在するが、見学以後の健康に関して自己責任であるという旨が記載された書類に署名する必要がある。

またソ連軍の装甲車やヘリコプター、トラック、バギーも放棄してあるが、これらにも高レベルの放射性物質が蓄積している。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

プリピャチ 国

ロシア

プリピャチ 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

プリピャチ 画像

プリピャチ 写真・ブログ・リポート

アートミル_2次元のビッグバン チェルノブイリ原発事故で廃墟になった町
2011年7月9日 entry_img_40.jpg ◆チェルノブイリ原発事故で廃墟になった町のストリートアート事故 後、空になった都市プリピャチの壁に描かれた絵は、悲しく、さみしげに見えてしまう。 早く、移転した人たちが戻れる時が来ると良いのですが、今のところ
チェルノブイリ原発事故後の廃墟 プリピャチ、汚染された車両群: fぴhs
2012年2月22日 チェルノブイリ原子力発電所事故の後、廃墟化した町の写真集です。現在も広い地域が 放棄されたままになっています。 チェルノブイリ廃墟としては、近郊のプリピャチという町 が知られており、以下の写真のいくつかもプリピャチのものです。
螺旋階段(別館) プリピャチ町並
チェルノブイリと聞いて一番に思い出すのは、プリピャチのこんな風景だ。 澄んだ空気、青い空、そして、緑の木々。 さわやかで、美しい。 ここが汚染されて侵入が制限されている場所だなんて、とても思えない心地よさだ。 元々植えられていたで 
プリピャチ - masaki-signのブログ - ココログ
ネットの“English Russia”の「立ち入り禁止区域?(=除外地帯)の暮らし」:“Life In The Exclusion Zone”の写真集から選択・編集です。 プリピャチを知らなかったのですが、チェルノブイリの直ぐ側の都市で、事故直前の人口は約49,400人 
螺旋階段(別館) プリピャチ市民プール
プリピャチ市民プール. ◎当ブログ初めての方はお読み下さい >> 『自己紹介』 飛び込み台のあるプール。プールの中には、釣りしてる人のラクガキが。 斜めになった天井と開放的な広い窓も、印象的。 大きな窓がワニの口みたいにも見える、