ウィンチェスター・ミステリー・ハウス

ウィンチェスター・ミステリー・ハウス(Winchester Mystery House)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼにある屋敷の名称。いわゆる幽霊屋敷とされる建物。

この屋敷はかつて38年もの間絶えず建設がつづけられており、呪われているという噂がある。屋敷はその昔、銃のビジネスで成功を収めた実業家ウィリアム・ワート・ウィンチェスターの未亡人、サラ・ウィンチェスターの個人的な住宅であったが、現在は観光地と化している。このサラ・ウィンチェスターの指示の下、38年後の1922年9月5日に彼女が死亡するまで、実に24時間365日、屋敷の建設工事が続けられた。

一般に信じられている話によると、サラ・ウィンチェスターは屋敷がウィンチェスター銃によって殺された人々の霊によって呪われており、それらが邸宅内で及ぼすと予想した霊障からいつでも逃れる為の隠し部屋・秘密通路をひたすら増築し続け備えておく事しか方法がないと猛執していたとされている。

ウィンチェスター・ミステリー・ハウス 国

アメリカ合衆国

ウィンチェスター・ミステリー・ハウス 種類

珍スポット・巨大施設

ウィンチェスター・ミステリー・ハウス 画像

ウィンチェスター・ミステリー・ハウス 写真・ブログ・リポート

ウィンチェスター・ミステリー・ハウスとは
ウィンチェスター・ミステリー・ハウスの紹介. このウィンチェスター・ミステリー・ハウスは 古い様々な戦争および紛争によって、米国の軍隊およびその同盟国のような西洋諸国 はウィンチェスター銃を十分に使用しました。 というか単なる廃墟ってことですよね?
ウィンチェスターミステリーハウス
アメリカ到着のその日は・・・ 息子ちゃんのリクエストで サンノゼにある ウィンチェスターミステリーハウス に行きました。 ↑買ってきたポストカード撮らせてもらいました!! 1884~1922まで 38年間 建築工事が続けられたそうです。
ウィンチェスター ミステリーハウス
■本日2回目のミステリー. ここもガイド型ツアーで、チケットを買ってから館内放送で 呼び出しがかかるのを待つ。 ここがツアー開始地点らしい。 こうして見るとキレイですが 、ここ、サラさんの死後は遺産相続した遺族が ボロボロになるまで放っといたようで、 現在
ウインチェスターミステリーハウス
このWinchester Mystery Houseは、1800年代後半、ライフル銃で富を得た大富豪 ウインチェスターの婦人であるサラ・ウインチェスターが建設した巨大マンション。相次い で肉親を亡くしたサラが、その呪いを解くために増築を続けた結果のとんでもない家なの だ。
不思議館~不気味で神秘的な話~
一方、アメリカのカリフォルニア州サンホゼには、大富豪ウインチェスター家のサラ夫人 が建設したとされる怪奇な屋敷がある。 現在は、ウインチェスター・ミステリーハウス として知られ、このあたりの観光名所になっているが、この広大過ぎる屋敷には、 さまざまな
ウィンチェスター家
ウィンチェスター・ミステリーハウス ツアー. 邸宅内ツアー(Mansion Tour) 65分 38年の 間、24時間休むことなく増築され続けた奇怪な邸宅内には、40の寝室、13の化粧室、 47の暖炉があり、ドアと窓の
蚤の市とついでに家相のお話
ウィンチェスターミステリーハウスというのが、サンノゼにありまして、 風水屋敷と言われているそうで、行こうという計画でしたが。 ウィキを読んでると霊媒師がついてたみたいで、 家相とは関係ないようだったので、やめました。
ウィンチェスター・ミステリー・ハウス~サンフランシスコ08-09⑭
予定では前日行く予定だったのを翌朝に変更。 サンノゼにある ウィンチェスター・ミステリー・ハウス へ朝一で寄る。 俗に呪われている屋敷として知られている。 ウィキ を参照すると詳しい経緯がわかる。 さて、この屋敷に入るにはガイドツアーに 
ミステリーハウス体験談
サンノゼにある奇妙な豪邸「ウィンチェスター・ミステリーハウス」体験談。 こちらの「ミステリーハウス」、霊媒師の助言にとりつかれたライフル銃メーカーの未亡人が、ありあまる資金に物を言わせ、82歳で亡くなるまでの38年間、毎日24時間、増築し続けた豪邸