ミンスク・ワールド

ミンスク・ワールド(明思克航母世界)は中華人民共和国広東省深圳市塩田区に位置する軍事テーマパーク。このテーマパーク最大の特徴は1978年に進水したソビエト海軍の航空母艦「キエフ級」の2番艦ミンスクを博物館として使用していることである。

2000年6月にミンスク・ワールド(中国語表記「明思克航母世界」)の名でにオープンしたが、運営は経済的事由で不安定で開館・閉館を繰り返していたが2005年に運営会社の親会社が倒産した影響でミンスク・ワールドも破産した。その後、別会社が買い取ってテーマパークの運営が続けられている。

展示品であるが、ミンクスの前方甲板には各種のミサイルで埋め尽くされており、中国版MiG-21であるJ-7戦闘機の初期型や、中国版MiG-19であるJ-6をもとに開発されたQ-5攻撃機、ソ連製の練習戦闘機MiG-23UB、ソ連製ヘリコプターのMi-8やMi-24が展示されている。艦内にはソ連製のMiG-23BN戦闘爆撃機も展示されている。また陸上にある広場にも展示品やアトラクションが存在する。多数の航空機展示物を擁するが、MiG-23やMi-24のような海外から展示用に取得した機体を除き他はすべて自国製の機体であり、ミンスクで実際に運用されていたYak-38やKa-27などの艦載機は一切展示されていない。

ミンスク・ワールド 国

中華人民共和国

ミンスク・ワールド 種類

珍スポット・巨大施設

ミンスク・ワールド 画像

ミンスク・ワールド 写真・ブログ・リポート

ミンスクワールド1
2003年10月15日 ミンスクワールド入り口 「世界で唯一の空母のテーマパーク」(ガイドブックより)だそうだ 。 もともとは旧ソ連で、キエフ級航空重巡洋艦の2番艦として建造され太平洋艦隊に 配備、ウラジオストックを母港とした為日本海に現れるたびに日本中が
ミンスクへ行ってきました - Sakura.oops!!
ミンスク ワールドへ行ってきました. Очень Хорошо スバラシー とても スバラシー. たぶん、世界唯一ではないでしょうか? ミンスクワールド「明思克航母世界」はロシアの 本物空母を 遊園地にしてしまった素敵なパラダイスである。 \(*T▽T*)/ アクセス方法
GoGoミンスク編 with ペンタックス *istDL
ミンスクとは、かつて栄光あるソビエト太平洋艦隊において睨みを利かせていたキエフ級 系軽空母2番艦なのである。ところがソビエトは消えてなくなったし、アメリカとも対決する 余裕もなしでいつの間にか中国に売り払われて、テーマパーク、ミンスクワールド「明思
ミンスクワールド 中信明思克航母世界 Combat Club,TOKYO フォト
ミンスク・ワールド 中信明思克航母世界 空母ミンスクとミンスク・ワールド 広東省・深圳 1978年に進水したソビエト海軍の航空母艦「キエフ級」2番艦ミンスク。ソ連時代末期の 経済破綻による軍事費削減のあおりを受け1991年ごろ退役し、1995年に韓国の企業に
深センのミンスクワールドが破産申請(香港紙「信報」12月4日付) 中国
深センのミンスクワールドが破産申請(香港紙「信報」12月4日付) 中国広東省深セン市 の軍事テーマパーク「明思克航母世界(ミンスクワールド)」はこのほど、債権行によって 裁判所に破産申請が提出された。破産申請を提出したのは中国建設銀行深セン支店
愛と平和のミンスク
本日の銀姫: あたちも愛と平和~♪ 週末、いらちの会、遠足第二弾。 深センの ミンスクワールド へ。 ミンスクファンクラブの桂ミンスク隊長からの予備講習はあったもんの イマイチようわかってへんかったのよね~。
katyouhugetu
明思克航母世界(Minsk World) '70年代に作られたソ連の航空母艦MINSK。それを改造してテーマパークにしたもの。操縦席機械室などがすべて公開され、ミンスクの歴史や戦闘機等の展示があるそうな。 入場料大人110元(約1631円)、、、高い。 『MINSK』