三菱石炭鉱業大夕張鉄道線

大夕張鉄道線(おおゆうばりてつどうせん)は、北海道夕張市にあった清水沢駅と大夕張炭山駅を結んでいた三菱石炭鉱業の鉄道路線である。

1911年(明治44年)開業の大夕張炭礦専用鉄道に始まり、三菱鉱業株式会社線、三菱鉱業大夕張鉄道、三菱鉱業大夕張鉄道線となり、1987年(昭和62年)7月に廃止された。

南大夕張駅跡には三菱大夕張鉄道保存会により客車や石炭貨車などの鉄道車両が保存されている。これらは2001年に「空知の炭鉱関連施設と生活文化」として北海道遺産として指定されたのに加え、2007年11月30日には経済産業省より近代化産業遺産として認定された。

シューパロ湖駅跡も階段と土台が残るだけだが、明石町駅跡前後には比較的鉄道の痕跡が多く残っている。清水沢駅方には明石沢(8号)橋梁、大夕張炭山駅方には旭沢(5号) 橋梁が残り、明石町駅跡にもホームへの連絡地下道の跡が残っている。また、大夕張駅跡もコンクリートの基礎が確認出来る。遠幌駅の構外側線扱いだった北菱岐線には、石炭積込のポケット(ホッパー)の基礎が残っている。

地図は明石町駅跡。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

三菱石炭鉱業大夕張鉄道線 住所

北海道夕張市鹿島千年町

三菱石炭鉱業大夕張鉄道線 種類

廃線・鉄道駅

三菱石炭鉱業大夕張鉄道線 画像

三菱石炭鉱業大夕張鉄道線 写真・ブログ・リポート

三菱石炭鉱業大夕張鉄道 - 廃線跡Report
その後、三菱の資本が入り、1929年には南大夕張・通洞(のちの大夕張炭山)間が延長 された。当時、鉄道が唯一の交通手段であったため、旅客を乗せることは認められてい たが、乗車券には人命を保証しないと書かれていた。1939年に三菱鉱業株式会社線
三菱石炭鉱業大夕張鉄道 - The Ruins of Rail --- 廃線跡を旅する
一般鉄道になってからは、さすがに運賃を徴収するようになったが、利用は三菱石炭 鉱業に勤める人たちの子供の通学用途が大半であった。しかも、道路整備による並行 バス路線の充実で、一般客が減少するのに伴い、利用者全体に対する炭鉱労働者の 子弟
大夕張鉄道廃線跡を訪ねて
また、昭和36年には夕張川水系の「大夕張ダム」建設に伴って、一部線路の移設も行 われた。 時代は移り変り、石炭産業の斜陽化により山は閉抗され、鉄道は廃止された。 さらに「夕張 31-, 6/, 1, 美唄鉄道併合により三菱鉱業株式会社大夕張線と改称
三菱石炭鉱業大夕張鉄道
北海道・三菱石炭鉱業大夕張鉄道の廃線前後の写真を紹介します。 農場前(臨)- 明石町-千年町-大夕張-大夕張炭山 (総営業キロ 17.2k). ●全線開通年月日 昭和14 年4月20日●廃止年月日 昭和62年7月22日(南大夕張~大夕張間昭和48年12月15 日)
大日本ノスタルジィ鉄道 三菱石炭鉱業鉄道
三菱鉱業大夕張鉄道 営業㌔17.2km 開業1939年(昭和14年)4月20日 一部廃止1973 年(昭和48年)12月15日[南大夕張~大夕張炭山] 三菱石炭鉱業線の位置…灰色が 廃線間際まで運行された区間で、薄い灰色が1973年に廃止された区間。黒はJR線。
北茅ヶ崎鉄道切符研究所-廃止私鉄研究室<三菱石炭鉱業 大夕張
**三菱石炭鉱業 大夕張鉄道**. 開業は明治44年、大夕張炭砿の専用鉄道として 清水沢(夕張線清水沢、現在は石勝線)~二股(後、南大夕張)が開業、大正5年に三菱 の所有となった。その後、昭和4年に南大夕張~通洞(後、大夕張炭山)が開業した。
夕張の廃線跡1
国鉄以外にも夕張から室蘭本線栗山を経て函館本線野幌までを結ぶ夕張鉄道、夕張線 清水沢から通洞(のち大夕張)までの三菱鉱業(その後大夕張炭礦、更にのち三菱石炭 鉱業)の専用鉄道(のち地方鉄道)、沼ノ沢から真谷地までの北炭真谷地炭礦専用
昭和55年 三菱石炭鉱業大夕張鉄道線:最初で最後の訪問
そこには北の大地で最後まで残った旅客営業私鉄線の三菱石炭鉱業大夕張鉄道線がありました。 ここに最初に着地した理由、乗り継ぎの利便性もありますが 同線は昭和62年の7月21日を最後に廃線となりましたが、残った車両の産業遺産化とともに
南大夕張駅
南大夕張駅↑[Flash Panorama 全2映像] 石狩川水系の夕張川の上流、シューパロ湖近くにある三菱石炭鉱業大夕張鉄道線の駅、南大夕張駅である。大夕張鉄道線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)に廃止されたが、現在、駅のホームには当時のラッセル車や客車が
三菱石炭鉱業大夕張鉄道線
大夕張鉄道の駅舎、ホーム、駅前の写真、画像.
三菱石炭鉱業大夕張線
三菱石炭鉱業 (1997.2.1新設、1997.5.4UP). 北海道の夕張地方を走っていたのが 三菱石炭鉱業、大夕張線です。 この鉄道は会社名で解る様に炭坑から掘り出された 石炭を運ぶ事を主目的で運営されていました。 三菱石炭鉱業 石炭を運ぶディーゼル 機関
大夕張鉄道廃線跡を訪ねて - nifty
また、昭和36年には夕張川水系の「大夕張ダム」建設に伴って、一部線路の移設も行 われた。 時代は移り変り、石炭産業の斜陽化により山は閉抗され、鉄道は廃止された。 さらに「 31, (1956) -, 6/, 1, 美唄鉄道併合により三菱鉱業株式会社大夕張線と改称.
三菱大夕張 1978 - Biglobe
休みのたびに北海道を旅していた私でしたが、当時買っていた「道内時刻表」の索引 地図に一箇所だけ残った青い線=私鉄のマーク。それが三菱大夕張、いやこの時には もう三菱石炭鉱業鉄道と名を変えた、最後の道内旅客営業私鉄でした。 「もういつ廃線 に 
三菱石炭鉱業大夕張鉄道 - 廃線跡Report
その前身は、1911年に始められた清水沢 - 二股(のちの南大夕張)間の大夕張炭礦専用鉄道までさかのぼる。その後、三菱の が部分廃止。炭鉱の拠点を南大夕張に移して合理化をすすめたが、それも時代の流れには勝てず、残りの部分も廃止となった。
道央~道北 マイナー国道・道道ツーリング PART2
洞爺湖~支笏湖. 洞爺湖から支笏湖へ向かう。 北海道とはいえ札幌から近い場所というのは、基本的に車の量が多めだ。 長い車列に付い 昭和64年に廃止された三菱大夕張鉄道の南大夕張駅跡と、使われていた除雪車、客車である。夕張と大夕張 前後は藪で、既に線路は無い。 後で調べた 焦って深川市...
南大夕張(廃線跡) - Biglobe
2004年5月23日 それから何度も北海道を訪れたが、道東や道北ばかりを目指して、廃鉱跡となった夕張には目もくれなかった。 南大夕張駅は「三菱大夕張鉄道保存会」によって保存されており、3軸ボギー台車が珍しかったスハニ6も保存されていた。 大夕張線沿線は炭坑跡を思わせる雰囲気は残ってい...
大夕張鉄道廃線跡を訪ねて - nifty
そして、その規模が徐々に拡大するにつれ人口も増加し、周囲に街が形成され始めると、専用鉄道は地方鉄道に変更され旅客営業を始るに至った。外部に通じる道路 31, (1956) -, 6/, 1, 美唄鉄道併合により三菱鉱業株式会社大夕張線と改称. 37, (1962) -, 6 
三菱大夕張鉄道 - 津島軽便堂写真館
国鉄夕張線の清水沢から、三菱鉱業大夕張鉄道が出ていました。 清水沢~大夕張 大夕張ダムのすぐ下流側に建設中の巨大な夕張シューパロダムがまもなく完成し、大夕張炭山~南大夕張の廃線跡や三弦橋は、残念ながら水没するそうです。 ←国土地理 
00怪人の新・炎の大捜査線 三菱石炭鉱業大夕張鉄道線 1986年
1986年の夏休み、初めての北海道旅行。 その目的地のひとつであったのが三菱石炭鉱業大夕張鉄道線。 国鉄石勝線(夕張支線)の清水沢から分岐して大夕張炭山までを結んでいた路線だが、南大夕張ー大夕張炭山間はすでに廃線となっ