由良要塞

由良要塞(ゆらようさい)は、大日本帝国陸軍の要塞の一つ。大阪湾防衛の目的で紀伊半島と淡路島の間の紀淡海峡周辺に作られた。

第二次世界大戦では航空機が主力となり、活躍の機会はまったくなく終戦と同時に米軍により撤去された。

現在は遺構の大部分が失われてしまったが、一部が残るほか、砲も展示されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

由良要塞 住所

兵庫県洲本市由良町由良2869

由良要塞 種類

軍事施設・戦争遺構

由良要塞 画像

由良要塞 写真・ブログ・リポート

廃色melancholy 淡路島 由良要塞【友ヶ島の対岸】
2010年3月13日 Author:キョンなんとなく中途半端な廃墟ブログです。 去年6月に紹介した友ヶ島を 覚えていますか? が戦時の要塞の島として使われていたのはレポ10で書いたとおり ですが、この要塞の名称を「由良要塞」といい、瀬戸内海の「友ヶ島地区」
由良要塞
[由良要塞](ゆらようさい). 由良要塞配置図. [由良要塞の遺構]. 1. 由良地区(淡路島). 3. 加太・深山地区(和歌山). 0401. 1) 生石山第1砲台. :. (現地未調査). 0417. 1) 深山第1砲台. :. H12.5.20現地調査. 0402. 2) 生石山第2砲台. :. (現地未調査). 0418
兵庫県 由良要塞 生石山砲台 その1 -underZero-
加太、友ヶ島と共に紀淡海峡の防衛を目的として明治期に建造された由良要塞の一角。 建造後、実際に使用されることがないまま明治・大正・昭和を経て終戦後は米軍により 破壊された。現在整備がすすめられ公園化しつつあるが、大半は未整備の状態のまま。
生石山砲台
由良は淡路島の南東の端。洲本市の南東10kmにある。対岸には紀伊半島が突き出し、 紀淡海峡を生成している。大阪湾防衛の為、この紀淡海峡の両岸と海峡上の友が島に 、由良要塞として多くの砲台が作られた。 今回紹介する生石山砲台は、由良の町の
由良生石公園・旧陸軍要塞跡[写真集-無料写真素材]
由良生石公園・旧陸軍要塞跡「由良要塞」/淡路島の風景写真,観光情報/兵庫県洲本市.
淡路島をのんびりドライブ
友ヶ島灯台もはっきりと見えますねえ~ 由良要塞跡というのはここに来て初めて知りました。 砲台も展示してあります。 友ヶ島には砲台跡がいくつかあるのは知ってましたが、淡路島にもあったんですねえ… 今回は淡路島のほぼ東半分を走破して帰途につい
瀬戸内内海国立公園生石岬
明治入ってからは、正面に見える友ケ島とともにいくつもの砲台が設けられて、一帯は由良要塞となり、一般人が立ち入れない場所となっていました。 今では瀬戸内内海国立公園の一部として、生石公園となり、旧砲台跡を巡る散策道などが整備されています。
2/6 日曜は子守りで要塞見学
弁当を持って車でフラフラ・・・といった先にあったのは戦時中”由良要塞”と呼ばれた場所で今は公園化されてます。 紀伊水道から大阪湾に入ってくる敵を迎撃する目的で造られた沿岸砲台があった場所です。
友が島灯台一般公開(H23.10.29~10.30)
京 阪神は危険にさらされるので、それを入り口で食い止めようと、旧陸軍は18 89年(明治22年)から洲本由良を中心に、和歌山県の友ケ島と加太地区に またがる砲台(由良要塞)の建設にかかりました。この時、灯台の位置がこの 砲台建設の最適地
由良要塞 田倉崎砲台
由良要塞 田倉崎砲台. 加太砲台をあとにし、教えていただいた道を田倉崎砲台へ向けて 歩いていきました。 砲台まではハイキングにぴったりな道ということもあり、ポカポカ陽気 でルンルン要塞探訪。 陸ホ』 って書いてます。 要塞地帯を示す意味なんでしょうか。
マイブームは遺跡巡り...^^;
立ち寄ったところは 由良要塞 名付けて、淡路の台場。 あっ、勝手に名づけちゃいましたが... ここ、生石砲台群は公園として整備されており、ハイキング気分で見学が可能です。
由良要塞 加太砲台
久しぶりの要塞戦。 今回は紀淡海峡を防備した由良要塞の加太砲台へやってきました 。 現在、砲台の敷地は加太町少年の家という施設があり、一応は一声かけて見学を することにしました。 ちなみに歓迎ぶりはなかなかのもので、事務所では砲台について の
由良生石公園・旧陸軍要塞跡[写真集-無料写真素材]
由良生石公園・旧陸軍要塞跡「由良要塞」/淡路島の風景写真,観光情報/兵庫県洲本市.
由良要塞 旧海軍聴音所跡
由良要塞 旧海軍聴音所跡. 第1砲台をあとにし、池尻広場へと続く道を歩いていきます。 池尻広場は芝生が広がるキャンプ場のような場所で、イヌがフリスビーを追いかけ まわすには最適です。 しかし、広場の隅に何気なく建つ小屋など、やっぱり軍事関連の 遺構
由良要塞 友ヶ島第3砲台跡
周辺の深山(みやま)、加太(かだ)砲台(ともに明治30年代建造)とともに由良要塞を 構成している。 日清戦争以前の明治初期日本の四砲台(東京、対馬、下関、由良)の ひとつであり、 大阪城、姫路城、五稜郭など同じく専守防衛の施設である。 うむうむ。
由良要塞 友ヶ島第5砲台跡
それぞれに砲台が設置され、由良要塞と総称されています。 和歌山市街から少し走り、 こじんまりした加太港からフェリーに乗るのが一般的な渡島となります。 島は半無人島 なので宿泊施設はなく (建ってはいるが営業は夏シーズン中だけ) 始発(9:00)の
由良要塞煉瓦構造物群 by.くるまみち
2011年10月、関西屈指の戦争遺跡、由良要塞にやってきました。 和歌山市加太から友 ヶ島を挟んで淡路島の由良まで。瀬戸内海、大阪湾を守る要衝として位置づけられてい た土地で、内海に侵入しようとする 軍艦を迎撃するため、合計17か所に砲台が置かれ 
7人の侍 「由良要塞」に行く ≪セラの家≫/ウェブリブログ - セラ吉3
2013年7月13日 セラの家≫の7人の侍 「由良要塞」に行くに関する詳細記事。(Powered by BIGLOBE ウェブリブログ)ハーイ!セラの家の管理人です。
由良要塞跡 (兵庫県洲本市): 日本隅々の旅 全国観光名所巡り&グルメ
2013年3月10日 由良要塞跡 (兵庫県洲本市),自然・史跡・庭園・寺社仏閣・滝・桜・紅葉・城・古い町並み ・温泉・夜景・ご当地グルメなど全国いろいろご紹介したいと思います。観光ガイドが紹介 しない穴場も紹介して行きたいです。 by けんけんけん@埼玉県 
由良要塞とイベント - fmyちゃんの昭和レトロなブログ - Yahoo!ブログ
淡路島の由良(現洲本市由良)を中心に要塞司令部が置かれ、生石山砲台、成山砲台、高崎砲台、赤松山堡塁、伊張山堡塁、生石山堡塁からなり要塞の心臓部を成した。由良に置かれた由良要塞重砲兵連隊が運用。 由良要塞は終戦時には 

由良要塞 キーワード

加太地区 備えて 由良要塞砲台群 由良地区 深山 加太砲台 淡路島 友 和歌山県 建設 一つ ロシア艦隊 遺構 大阪湾防衛 線 オートバイ 加太港 護衛艦 島内 平成28年 釣り 撮影 紀淡海峡 旧由良要塞 沖ノ島 跡地駐車場 第三砲台 艦 紀淡海峡通航 深緑 補給艦 12時 ときわ 7月11日 11時 加太 ぎり 南下 うみ 防衛 紀淡海峡国立公園 人気 使用 ひとつ 終戦 船 行く 見る 終わった いい 戦争 砲台 天気 島 大阪湾 待つ 拠点 取り壊されて 旧陸軍 明治 来た パンフレット 港 生石山砲台 判明 友ヶ島 公園化 画像 要塞 旧日本軍 黒い 陸士18 陸士16 陸士19 陸 大29 大28 大25 由良要塞司令官