くりはら田園鉄道線

くりはら田園鉄道線(くりはらでんえんてつどうせん)は、宮城県登米市の石越駅と宮城県栗原市の細倉マインパーク前駅まで結んでいた、くりはら田園鉄道の鉄道路線である。前身は栗原電鉄(くりはらでんてつ)で、略称はこれと共通するくりでんまたは栗鉄である。

2007年3月31日をもって鉄道輸送を廃止することが決定し、翌4月1日からバス輸送に転換された。

地図は栗原市栗駒中野の栗原田町駅。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

くりはら田園鉄道線 住所

宮城県栗原市栗駒中野

くりはら田園鉄道線 種類

廃線・鉄道駅

くりはら田園鉄道線 画像

くりはら田園鉄道線 写真・ブログ・リポート

廃線探索 くりはら田園鉄道-1
2010年1月5日 速度制限標と勾配標。 ③くりはら田園鉄道線、石越駅 - 荒町駅間の廃線跡。勾配標と1 キロポスト。 ④荒町駅(あらまちえき)は、宮城県栗原市若柳にあったくりはら田園鉄道 くりはら田園鉄道線の駅。2007年、路線の廃止に伴い廃駅となった。
廃線探索 くりはら田園鉄道-2
2010年1月5日 ⑰杉橋駅(すぎはしえき)は、宮城県栗原市栗駒里谷にあったくりはら田園鉄道くりはら 田園鉄道線の駅。2007年、路線の廃止に伴い廃駅となった。駅構造は単式ホーム1面1 線を有する地上駅。ホームには小さな待合室があるだけで、改札口、
くりはら田園鉄道廃線跡を訪ねて
くりはら田園鉄道を訪ねて, 減速進行 > くりはら田園鉄道
現存線探訪「くりはら田園鉄道」
2007年3月24日 残念ながら廃線となる 「くりはら田園鉄道」 くりはら田園鉄道の前身は 1921年に部分 開業した栗原電鉄。 1993年に第三セクター化、 1995年に電化を廃止し 同名に改称 されました。 廃線を1週間後に控えた 通称『くりでん』を訪問して参りまし
くりはら田園鉄道廃線紀行(中): 野に棲む日日
2012年7月4日 くりはら田園鉄道廃線紀行(中). (上)の続きです。 【谷地畑駅】 住宅地の中にあった ホームと待合室はすでになくなり、更地となった跡地には石碑だけが。 Dsc07216 · Dsc07215 駅を出てすぐそばの所にあった、県道と交差する踏切もすでに 
くりはら田園鉄道廃線紀行(下): 野に棲む日日
2012年7月7日 くりはら田園鉄道廃線紀行(下). (中)の続きです。 【尾松駅】 かつては、近くを通る道路 から舗装されていない細い道を数十mほど行った奥詰まった所に、ポツンとホームが ありました。 近くには民家もあるのですが、ちょっとした”秘境駅”気分が 
くりはら田園鉄道廃線跡を訪ねて - nifty
終点が鉱山に直結していたことから鉱産物輸送が目的の鉄道と考えられがちだが、細 倉鉱山へは開業後20年以上経てから路線を延しており、当初は沿線農産物の出荷と 住民輸送を主目的としていた。 戦後は輸送力を増強するため改軌・電化を実施し細倉 鉱山 
くりはら田園鉄道 細倉~細倉鉱山 宮城県 2004.5.30踏査
その後、電軌施設の老朽化や資金難により気動車の導入が図られ、社名を「くりはら 田園鉄道」に変更し現在に至る。 し、旧細倉駅から鉱山よりに0.2㎞延長した場所に「 細倉マインパーク駅」が平成2年に開業しているので、実質の廃線区間は0.5㎞となる。
栗原電鉄-ローカル線切符紀行- - ZAQ
以来、細倉鉱山の貨物輸送をメインに、地域住民の足として活躍してきたのですが、 年々減り続ける乗客数、そして細倉鉱山の廃鉱などにより廃線の危機が迫ります。 同社 は、経営を第三セクターに移管。電車運転をとりやめ 平成7年4月1日より「くりはら田園  
くりはら田園鉄道廃線紀行・補完計画(上): 野に棲む日日
2013年11月15日 昨年(2012年)5月5日に、「くりでん」ことくりはら田園鉄道の廃線跡を巡り、そのときの様子をこのブログにアップしました。 しかし、見落としていた所や時間の都合で見られなかった所も色々あったので、「またいつか行かなければなぁ」と思っ 
廃線跡3
くりはら田園鉄道 (栗原電鉄). 廃線の一年後くらいに行ってきました。この後すぐに東北豪雨があり鉄研究家としてご活躍された交通博物館の岸由一郎氏がその犠牲になりました残念です。合掌。 まだ廃止後日も浅いので今にも電車がやってきそうな雰囲気です 
墟住宮-Locaruins-
鉱山資料館と細倉マインパークを堪能した後は、来た道を帰りつつ栗原田園鉄道の跡の踏査である。二迫川橋梁?(正式名称は知らない)立ち入り禁止となっている。柵にへばり付いて撮った写真。三迫川橋梁。全線で最長の橋だそうだ。尾松駅のあった辺りから、鴬沢、細倉方面を望む。
墟住宮-Locaruins-
この日は宮城県北部まで遠征した。線路の始点にはタイヤがあった。盛り土がされた上を線路は走っているが、それに沿って車道もある。細倉マインパーク前駅敷地内にある、展示車両。終点の細倉マインパーク駅。「くりでん」の愛称で親しまれていたというくりはら田園鉄道線は、細倉
くりはら田園鉄道線廃線区間(その1)(石越駅~大岡駅)
JR東北本線の石越駅。くりはら田園鉄道線はこの駅で接続していました。 くりはら田園鉄道の石越駅はJR駅に隣接する形でありましたが、駅舎はすでに撤去されていました。 駅舎跡には駅名と隣駅までの距離が刻まれた石碑が建って
くりはら田園鉄道線(宮城県登米市~栗原市 - Yahoo!ブログ
【踏破後、廃線…】の第22回目は、2002年1月に乗りつぶしをして、2007年3月31日をもって廃止となった、 宮城県のくりはら田園鉄道線です。
栗原電鉄 - 津島軽便堂写真館
栗原電鉄 ナローで始まった栗原電鉄は、第三セクターの「くりはら田園鉄道」になりましたが廃止 栗原電鉄は、東北本線の石越から細倉まで25.5km(上図の赤線)の電気鉄道でしたが、細倉鉱山の閉山(1987(S62)年)と乗客減に

くりはら田園鉄道線 キーワード

2078レ 2078レED75 撮影 石越