旧カブトビール半田工場(半田赤レンガ建物)

旧カブトビール半田工場半田赤レンガ建物)は、愛知県半田市にある工場跡。1898年(明治31年)に「カブトビール」の醸造工場として建設され、第二次世界大戦中にあっては中島飛行機製作所の倉庫、戦後はコーンスターチの加工工場となった。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

旧カブトビール半田工場(半田赤レンガ建物) 住所

愛知県半田市榎下町8

旧カブトビール半田工場(半田赤レンガ建物) 種類

廃工場・発電所

旧カブトビール半田工場(半田赤レンガ建物) 画像

旧カブトビール半田工場(半田赤レンガ建物) 写真・ブログ・リポート

旧カブトビール工場 - 追憶の彼方へ-廃墟黙示録- - Yahoo!ブログ
2008年1月15日 知多半島にある中之院軍人像を見学した後は、一気に次の目的地である蒲郡の廃墟を 目指して走行していると、半田市で この建物は、明治の人々の喉を潤した「カブト ビール」の生産工場として建てられた旧カブトビール工場で、明治33年の
半田赤レンガ建物 『旧カブトビール工場』 (愛知県) - 懐かしいコーラ瓶
2006年1月3日 半田赤レンガ建物 『旧カブトビール工場』 (愛知県) 明治31年(1898年
kabuto-beer
旧カブトビール工場 愛知県半田市. もう6年ほど前になりますが、当時の仕事で愛知県 半田市へ出張しました。夜、到着してチェックイン後、 今回は廃墟ではありませんが、 今後もこういう物件があったら取り上げていこうと思います。半田市のホームページを
カブトビールの赤レンガ工場
半田市のカブトビール赤レンガ工場(正確には元工場だった建物)は巨大なレンガ建築 で、戦前はカブトビールの工場として、戦時 廃墟に鳩・・・。 ここのレンガはイギリス 積みだ。 ちなみに、建物の設計は明治30~31年である。 開口部は全て封鎖されていた 。
現身日和【うつせみびより】 | 120歳の半田赤レンガ工場は眠りの中で100
2007年1月20日 半田名所巡り4部作の最後は赤レンガ工場。明治にカブトビールの工場として建てられ たこの建物は、歴史の紆余曲折と共に歩み、今は静かな眠りについている。老いた紳士 のように。120歳の赤レンガ工場は、威厳と風格をたたえ、現代に
廃墟のような宝物!旧カブトビール工場
愛知県半田市榎下町 半田赤レンガ建物 「旧カブトビール半田工場」 1898年(明治31年)に建設した地上5階建ての建築物で
愛知県半田市 赤レンガ 旧カブトビール工場: 夢の旅人
2009年2月10日 愛知県半田市にある旧カブトビール工場。 今となっては幻の 旧カブトビール工場は約 240万本のレンガを使った日本屈指の規模を誇る赤レンガ建物。 Kabuto1 第二次 廃墟なのですが、とにかくすばらしい・・・その大きさに圧倒されました。
武豊(知多武豊)→半田口→住吉町→知多半田:日本縦断ゲーセン紀行
昨日はゲーセン巡り中心だったが、今日は半田・武豊の観光をメインにする予定。 ホテルで朝ごはんを . 半田赤レンガ建物は、旧カブトビール工場で、1898年(明治31 年)竣工。 後に、横浜の この角度から見ると一見、廃墟のようにも見えるが、 内部が 公開
はんだ蔵のまち 桃の節句: 「ふでの蹟」雑記帳
2013年2月24日 週末に気分転換と称してお出かけしてました第一弾。 尾張の国は知多半島の真ん中 辺りにある半田市に行ってきました。 お目当ては『はんだ蔵のまち 桃の節句』期間中 自由見学が出来るミツカン『酢の里』と国盛『酒の文化館』。 通常は予約が 
旧カブトビール工場跡(半田赤煉瓦工場) - GO EXPLORING 廃墟 -
下関砲台編の途中ですが砲台跡が続くと飽いてしまうんでちょっと小休止・・・? ということで改修前最後の公開という事らしいので・・・ 愛知県半田市(津市じゃないよ)にある赤煉瓦工場へ行ってきました! ちなみに年に何回か一般公開してます
100年前のビール工場!愛知県半田市の赤レンガできたカブトビール工場
愛知県半田市にある謎のレンガ構造物。 どうやらビール工場の遺構らしく、いつか中入りたいな〜と思ってました。 そしたらちょうどこのGWに内部を公開していたので行ってきました。 しかも、その日が最後の(明日もイベントはあります。詳しくは 
半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場) その1 | 残影
一寸の廃墟にも、五分の魂。 半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場) その1. 10 16, 2013 | レトロ・文化財. 愛知県半田市の市街地を抜けるR257沿いに、 大きなレンガ造りの遺構が残されています。 これは明治31年製の旧カブトビール半田工場跡です。
半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場) その2 | 残影
一寸の廃墟にも、五分の魂。 半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場) その1 の続き 赤レンガ建物では、保存会 地元の方々のカブトビール工場への愛ががよく伝わります。 現在では、半田市の一部の飲食店でカブトビールを味わうことができるそうです。
旧カブトビール工場 半田赤レンガ倉庫 - fmyちゃんの昭和レトロなブログ
本日の1曲 ひこうき雲 by Yuming カブトビール館に行った後はこちらに行きましたよ 旧カブトビール工場です 赤レンガの建物に萌え~ 竣工 : 1898年(明治31年)10月31日 基本設計 : ゲルマニア機械製作所(ドイツ) 実施設
旧カブトビール工場 : NeoNATS
愛知県半田市【探索日】2008年4月半田は江戸時代から現代まで続く代表的産業として、食酢や日本酒といった醸造業が盛んです。この建物は、明治の人々の喉をうるおした「カブトビール」の生産工場として丸三麦酒株式会社が建設しました。希少なレンガ造建築の中で、使われたレ