オラガビール工場(日英醸造)

オラガビール工場は、神奈川県横浜市鶴見区にあった工場。「日〇醸造」等として紹介されていることもある。

日英醸造会社が1920(大正9)年に建設。カスケードビールというビールを造っていたが、1927(昭和3)年に寿屋(現サントリー)が買収。当時の首相・田中義一の仇名にちなんで「オラガビール」というブランドのビールを製造していた。

2008年、惜しまれつつ解体された。

解体され現存していません

オラガビール工場(日英醸造) 住所

神奈川県横浜市鶴見区元宮2丁目1

オラガビール工場(日英醸造) 種類

廃工場・発電所

オラガビール工場(日英醸造) 画像

オラガビール工場(日英醸造) 写真・ブログ・リポート

洋館の正体
この 丘の上の洋館 風建物。 これは、やはり廃墟でありました。 大正時代に建てられたビール工場だったようですよ。 その後、1930年に「オラガビール」と改称し、 低価格競争を仕掛けましたが、大手各社の反撃に遭い
鶴見・廃墟オラガビール跡(8/25)
痛い眼を開けると噂に聞いて探していた「オラガビール」の建物が目の前に現れた。 ご覧のとおりの廃墟である、現在のサントリーがまだ寿屋だった昭和5年から当時の首相 田中義一の仇名にちなんで「オラガビール」というブランドで昭和9年までここでビールが
廃墟 空中庭園
廃墟 空中庭園. 日英醸造という、醸造会社の横浜工場。そののち、日英醸造は寿屋(今 のサントリー)に買収されて、 1931年にoragabeer(オラガビール)となり、その オラガビールも時代の中に飲み込まれて1948年に解散。 その日英醸造であるが、大正 10年に
N的画譚 オラガビール廃墟探訪
2006年11月9日 オラガビール工場の廃墟は、想像していたより大規模なもので、メインの建物は昭和 初期からの長い年月を経ているものの、堂々とした風格を保ち、時折覗く青空に聳えた 姿は何だか壮麗にさえ見えた。端正なフォルムの端々に、さりげない意匠
oragabeer
オラガビールというビール工場の跡だそうです。 ネットに載っていたタイトル「 オラガビール工場(現・東洋製罐)」の内容を以下に勝手に使わせて頂きます。 大正9年 に創立 周りの風景から独立してとても美しく、廃墟というより遺跡に見えました。(Mr. M). Mr.Mは
鶴見区の蜃気楼
横浜市鶴見区に存在する廃墟風物件。 首都圏の廃墟マニアの間では有名で、「鶴見の バイオハザード」という通り名がついています。 「ブレード 物件名:日英醸造( カスケードビール)工場→→寿屋(オラガビール)工場→→妙高企業倉庫/ 所在地; 横浜市鶴見
オラガビール: 横浜発、輪行
2012年3月17日 かつてはこの建物に隣接して「オラガビール工場跡」が長い間佇んでいましたが、2008 年に解体されてしまいました。 首都圏では有名な廃墟だったようですが、私がその存在 を知ったのは残念ながら解体後で、1枚の写真も残っていません。
日英醸造工場跡 カスケードビール オラガビール 遺構調査機構
廃墟鉱山廃坑坑道廃鉱廃工場空中庭園(日英醸造工場跡)日英醸造という、醸造会社の横浜工場。そののち、日英醸造は寿屋(今のサントリー)に買収されて、1931年にoragabeer(オラガビール)となり、そのオラガビールも時代の中に飲み込まれて1948年に解散。その
日〇醸造
日〇醸造次へPoweredbyFC2.com
日英醸造株式会社鶴見工場
日英醸造株式会社鶴見工場大正期に設立されたビール醸造会社、「日英醸造」の建物です。しかし、この「日英醸造」は昭和3年に現在のサントリーにあたる「寿屋」に買収されており、この建物の正確な竣工時期を知ることができなかったので、実際のところは、どちらの会社が建てたも
カスケードビール工場跡 : 横浜市を散歩
mixiのRockin'Ryuさんに教えてもらった、鶴見にある廃工場。今日の主目的です。Rockin'Ryuさんに教えてもらってから、我ながら珍しく、一通り基本情報は調べておきました。====================================
鶴見|一応、カンパネルラ
ネットに出てたところで、すぐにわかった所に早速いってきた。数ヶ月前に、近くを通っているはずなのに気がつかなかったことが不思議なほどに、存在感のある建物だった。建物の中には入りようがないのだが、とりあえず、関係者以外立ち入り禁止を見なかったことにして、建物の足元