陰陽石・愛の資料館

陰陽石(いんようせき)は、宮崎県小林市東方の浜ノ瀬川内にある夫婦岩である。 高さ17.5mの男根の形状をした陽石(男石)と、その傍らに周囲5.5mの女陰の形状をした陰石(女石)がある。

愛の資料館は陰陽石周辺にあった秘宝館だが、廃墟化。しかしその後リニューアルされたらしい。

また、陰陽石周辺の観光街全体も鄙びており、廃墟同然の売店などが散見される。なお、陰陽石周辺には他にも秘宝館があり、こちらは現在も営業している。

地図は陰陽石。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

陰陽石・愛の資料館 住所

宮崎県小林市東方

陰陽石・愛の資料館 種類

博物館・美術館・秘宝館

陰陽石・愛の資料館 画像

陰陽石・愛の資料館 写真・ブログ・リポート

陰陽○
宮崎県のとあるところに陰陽○という神社があります。ここは御神体がアレなんです。ただ、ここはかなり廃れてしまって展示物の建物がすべて閉鎖されてしまいました。そして売店も閉鎖されています。