都営下石原第2アパート

都営下石原第2アパートは東京都調布市の集合住宅。都営下石原アパートとも言われる。国道20号線甲州街道沿い位置する。

1978年竣工とも、1965年以前の築とも言われる。二階より上の住居は通路ごと封鎖され、さがら歯科など一階部分にあったテナントはほぼ移転していて、2015年時点で一件だけ美容室が営業していたらしい。現況不詳ながら、同店舗が営業している場合は廃墟ではない

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

都営下石原第2アパート 住所

東京都調布市下石原1丁目

都営下石原第2アパート 種類

団地・住宅・別荘

都営下石原第2アパート 画像

都営下石原第2アパート

都営下石原第2アパート 写真・ブログ・リポート

『都営下石原第2団地』へ。 : 後藤健太郎のブログ
都営下石原第2アパート:竣工1978(昭和53)年~1980(昭和55)年・管理戸数130戸。ご覧の様に調布消防署の隣にあるのだけは分かります。大きな交差点の脇にあるこの閉鎖された棟。甲州街道を通る人だったら、ご記憶にあるはず・・この状態になって、もう5年以上
日々徒然日記 都心の生きる廃墟
帰ってきた時はいつも調布ICで降りて下道を通って帰るんです。その調布ICを降りるとすぐ、もうほんとすぐ右側に見えるこの建物。…廃墟です。なんでも調べたら都営下石原アパートというらしい。交差点を挟んだすぐ隣にもこの2号棟があったみたいなんですがもうこっちは取り壊