龍騰断橋

龍騰断橋(りゅうとうだんきょう)は、台湾苗栗県三義郷龍騰村にある鉄道橋遺構。古くは魚藤坪断橋(ぎょとうへいだんきょう)と呼ばれた。

1908年に台湾総督府鉄道が縦貫線(後の台中線)を全線開通させた時に作られたレンガ製のアーチ橋であった。1935年の新竹・台中地震で破損、断橋となり、1999年の921大地震によって更に一部が崩壊した。三義郷の観光名所の一つである。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

龍騰断橋 国

台湾

龍騰断橋 種類

廃橋

龍騰断橋 画像

龍騰断橋 写真・ブログ・リポート

龍騰断橋
龍騰断橋(ロントン・ドゥアンチャオ)は、日本統治時代の1908年に台湾総督府鉄道が縦貫線(後の台中線)を建設したときに作られレンガ製の鉄道橋だった。しかし1935年新竹・台中地震でアーチ部分が破損し断橋となり、通行不能となった。総督府はすぐ西側に新しい鉄橋を建
台湾観光「勝興車站」「龍騰断橋」「彩虹眷村」(台湾台中2日目) - thinking now...
龍騰断橋待っててもらったタクシーに乗り込み、龍騰断橋へ。1935年の地震で崩れた橋脚を残して、観光地化した場所。ここもアクセスが悪い割に人でいっぱいですw勝興車站のついでにくる人が多いのかな?駐車場のすぐそばに残っている橋脚部分↓
【日帰り】三義・勝興車站と龍騰断橋|Keiの台湾ブログ
最近パパがはまっている本、台湾鉄路と日本人(片倉氏著)に書いてある苗栗の駅、それも廃駅…に行きたい!と言い出し、朝から高鉄で台中へ。本当は苗栗まで自強号で行って三義まで区間車で行けば安いのですが、今日は時間優先で高鉄を利用しました。そこからタクシーで往復代金+
台湾滞在記・其の三十七『三義(サンイー)/勝興車站(シェンシンツァツァン)』 ( アジア ) - Mijah★Blog - Yahoo!ブログ
ここで前々から気になっていた、現在は廃線となってるが観光地と化した「勝興車站(シェンシンツァツァン)」と「龍騰断橋(ロントンドゥァンチィァォ)」に向かってみることにしたのです。しかし、三義と一口に言っても、何しろ広い…。三義からだと「勝興車站」の方が近いんです
ひとり言
行動予定:バスで集集へ、その後集集線、豊原経由で龍騰断橋へ集集への直通バスは、7時15分。そのため、6時半の食事をさっさと済ませ、チェックアウトして出かけなくてはいけない。朝5時から支度をして、6時半になりレストランに向かうが・・・暗い聞くと7時からだという。
Powerdunk(阿毛)のBLOG 数年ぶりに「龍騰断橋」へ
数年ぶりに「龍騰断橋」へ両親と相談して、土曜日に従妹の結婚式の写真を、届けにいくことになりまして、ついでに遊びにいきました、弟もその友達を誘って、総計大人6人、子供2人でした。朝10時に出発して、昼食はどっかで済ませましょうと考えたところ、じゃ、途中にある私の
2013年12月・台湾(2)龍騰断橋と勝興車站: 上海からの雑文~バンコク編~
前回の続き。彰化から電車で1時間程北上して三義なる駅で降り、この近くにある龍騰断橋と勝興車站を見てまわった。龍騰断橋は、1908年に台北-高雄間の縦貫線が開通した際に掛けられた橋である。その後1935年に地震で崩壊して使われなくなり、1999年の地震でさらに一
100年前に造られたレンガ製のアーチ橋「龍騰断橋」 | 台中slowlife
標識に「龍騰断橋」という地名が書いてあります。面白そうなので行ってみよう。山道を上がって行くと、人が多い場所に出くわした。これが「龍騰断橋」なんですね。あまりの人の多さにビックリ。「龍騰断橋」の歴史が書いてあります。龍騰断橋は元々1908年に開通した縦貫線が通