神子畑鋳鉄橋

神子畑鋳鉄橋(みこはたちゅうてつきょう)は、兵庫県朝来市の神子畑川に架かる鋳鉄一連アーチ橋である。

明延鉱山から神子畑選鉱所や生野精錬所への輸送目的で作られた鉱石運搬道路鉄橋群の一つ。鋳物で作られたものとしては日本では最古のものである。日本に現存している鉄製の橋としては3番目に古い。

近代の橋梁として初めて1977年6月27日に重要文化財に指定されている。老朽化のため1982年には一年かけて永久保存を目的として修繕が行われた。2007年に近代化産業遺産に認定された。

近くには、遊歩道もあり橋の上を歩くこともできる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

神子畑鋳鉄橋 住所

兵庫県朝来市佐嚢

神子畑鋳鉄橋 種類

廃橋

神子畑鋳鉄橋 画像

神子畑鋳鉄橋 写真・ブログ・リポート

デジカメ散歩日記: 鉱石の道をたどる旅3 神子畑鋳鉄橋
神子畑鋳鉄橋 ゲート 神子畑鋳鉄橋がかけられたのは明治16年から18年(1883~ 1885年)120年からなるのです全鋳鉄製としては 日本最古のものです 橋柱も鋳鉄 です 神子畑鋳鉄橋 橋柱 アーチの美しい橋です この橋は橋脚がないので大水に流され てい
神子畑鋳鉄橋 - 失われた時を求めて(ブログ版) - Yahoo!ブログ
2006年8月7日 神子畑鋳鉄橋は、神子畑鉱山や明延鉱山から採掘された鉱石をこの先にある神子畑 選鉱所から、当時生野町にあった精錬所まで 後に羽淵鋳鉄橋は移転保存となり、 現地にそのまま残っているのは、この神子畑鋳鉄のみとなったそうです。
酒場で歴史を語る会: 「弾正橋」の写真
2010年1月14日 さらに大正12年の関東大震災後の帝都復興計画により、「元弾正橋」は廃橋となり、 東京市は1929(昭和4)年5月、富岡八幡宮(ハチマングウ)の東隣りの八幡堀( . 鉄道橋は除く *神子畑鋳鉄橋調査報告より JSSC VOL.10 NO.99)
かせい
とはいうものの、WEBではまだ誰も登っていない感じなのでたどり着ければ儲けものだ 。駐車は日本最古と言われる神子畑の鋳鉄橋の駐車場を利用する。9時15分スタート。 その鋳鉄橋を左に見ながら1分ほど歩くと最初の民家があり、そこから林道がある。
今年初めての氷ノ山 2012.05.15 言いたい事がいっぱい/ウェブリブログ
2012年5月18日 しばらく走ると「神子畑鋳鉄橋」って言うのに出た。 鉱石を運ぶ為の橋で、こんな田舎の 山の中にこんなに立派な鋳鉄橋を造った明治の時代の意気込みを感じます。 画像. 川 にはこんなに そんなこんなの廃道状態のR482。こりゃ通行止めに
白たい日記 たい焼き焼いた 神子畑選鉱所
2015年7月5日 神子畑鋳鉄橋(みこはたちゅうてつきょう) 神子畑鋳鉄橋を過ぎると、一円電車のオブジェが付いた橋がありました。 Author:白たい近代産業遺産を始めとした「赤レンガ建築」、数々の遺構・廃墟、廃鉱山、廃線、廃道・・・いわゆる「廃探索」