頼城橋

頼城橋は北海道芦別市にある橋。2006年より老朽化のため人道橋となっているが、現役の橋梁であり廃橋ではない

1943年に初代の橋がかけられたが、3mほどしか高さがなく、何度か流されることがあったという。現在のものは1967年にかけられたものらしい。

老朽化が進んでおり、橋面がたわんでいる他、手すりも低い。橋のすぐ脇には倒壊した先代の橋の残骸がある。冬季は歩行者も通行止めとなっている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

頼城橋 住所

北海道芦別市東頼城町

頼城橋 種類

廃橋

頼城橋 画像

頼城橋 写真・ブログ・リポート

頼城橋 レポ1(2014/10/26) : 「炭鉱」はそこにある ~廃墟・炭鉱遺産探訪~
「なんか変な橋がある」上の写真は2014年の3月に西芦別地区から撮影したモノです炭山川と言えば、その手の方々からしてみれば結構有名な場所かも知れませんが鉄橋の上にかつての三井芦別炭鉱鉄道の機関車が展示されているその場所から眺めた時の事、眼下の芦別川に、大きく、
頼城橋 レポ2(2014/10/26) : 「炭鉱」はそこにある ~廃墟・炭鉱遺産探訪~
狂気の頼城橋その橋脚には展望台が設置されていました手摺の低い、とてもスリリングな展望台が・・・・・・けどまぁ、今までの歪んだ木の床より足場のしっかりとしたコンクリートの展望台は、なぜか安心感がありますなんでだろうね渡って来た方を振り返ってみます思ったより、橋自
芦別の頼城橋:ぶらりんこ空知:So-netブログ
西芦別の頼城橋をあ、最近の撮影ではないです芦別川と橋倒れている橋脚橋の下上中ほどから東頼城のほうを炭山川のほう東頼城側から坂から
<頼城橋>
芦別市の西芦別地区に位置し現在車両の通行はできないがトラス式の貴重な橋である頼城橋周辺を探索してみた。かなり古い橋なので近い将来は取り壊しもありえそうです。2009.04.29撮影
0705西芦頼城橋
21th>2007年5月西芦別頼城橋byono橋の左側、炭山川と芦別川との合流点橋の右側、昔の〇〇の跡?頼城橋、東頼城側から見る新炭山川橋頼城橋、泉町側から見るこのページの資料、撮影提供ono氏