超伝導超大型加速器

超伝導超大型加速器(Superconducting Super Collider、SSC)は、1980年代に計画され、アメリカ合衆国のテキサス州ワクサハチー(Waxahachie) の地下に建造される予定であった超大型円形粒子加速器である。

リング周長は約86.6km(54マイル)という空前の規模であり、円周の内部面積は東京23区に匹敵する。20TeVのビームを正面衝突させて40TeVの超高エネルギーを達成する世界最大の粒子加速器で、建造目的の一つとしてヒッグス粒子の発見が期待されていた。建造費は当初の見積もりで50-60億ドル、最終的には80億ドル以上に達した。

しかし、当初計画の見直しにより経費が大幅に膨れ上がり、資金不足に陥って日本からの資金調達にも失敗した。その他、行政機構と物理学者の内部対立や、超伝導磁石の大量製造の困難など様々なトラブルを抱え込んで、批判が続出した。1992-93年にかけて議会で計画中止案が出され、クリントン政権下で可決された。

プロジェクトが中止された時点で、既に建造費の20億ドルが費やされ、トンネルは22.5km(14マイル)が掘り進められていた。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

超伝導超大型加速器 国

アメリカ合衆国

超伝導超大型加速器 種類

研究・実験施設

超伝導超大型加速器 画像

超伝導超大型加速器 写真・ブログ・リポート

スーパーサイエンスの遺跡、科学実験施設廃墟 : カラパイア
2013年06月07日 ι コメント(19) ι 画像 ι 自然・廃墟・宇宙 ι # . そしてロシアのコラ半島超深度掘削坑が最も良い例だ。ロシアがこの地質調査に執着し始めたのは、アメリカが独自の超深層掘削プロジェクトを開始したことに刺激を受けたせいで、米ソの宇宙進出