スーラ電離層観測施設

スーラ電離層観測施設(Sura Ionospheric Heating Facility)はロシアのニジニ・ノヴゴロドの東約100kmに位置するヴァシリスルスクに位置する大出力短波放射による電離層研究施設。ソ連時代の1981年に開設された。

アメリカのHAARPに似た施設で、気候を制御するための施設だったという噂もある。

一部が利用されているが、老朽化が進み閉鎖されている箇所もあり、不法に侵入を試みる者もいるという。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

スーラ電離層観測施設 国

ロシア

スーラ電離層観測施設 種類

研究・実験施設

スーラ電離層観測施設 画像

スーラ電離層観測施設

スーラ電離層観測施設 写真・ブログ・リポート

忘れ去られた秘密の廃墟 | ロシアNOW - Reply
2014年5月25日 今、そのなかのいくつかのものは廃墟探検のメッカとなり、少なからぬリスクを伴う「観光資源」として存在している。 ロシア極東のユネスコ世界遺産 . 1980年代の終わり頃、ソ連では大型素粒子加速器の建設が計画されていた。モスクワ