コラ半島超深度掘削坑

コラ半島超深度掘削坑(Kola Superdeep Borehole)はソビエト連邦が行った地球の地殻深部を調べる科学的掘削計画。

1970年5月24日に掘削開始、最も深いものは世界記録である12,261mに達している。

2008年に施設は放棄され、付属設備も解体されて荒廃が始まった。2010年時点では掘削坑は保存されていたが、崩壊が進んでいる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

コラ半島超深度掘削坑 国

ロシア

コラ半島超深度掘削坑 種類

研究・実験施設

コラ半島超深度掘削坑 画像

コラ半島超深度掘削坑

コラ半島超深度掘削坑

コラ半島超深度掘削坑

コラ半島超深度掘削坑 キーワード

大洪水 水 深い 穴 京都 初