本岐炭鉱

本岐炭鉱は、北海道白糠郡白糠町にあった炭鉱。

ホッパーなどの遺構が林の中に残っている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

本岐炭鉱 住所

北海道白糠郡白糠町庶路西1線

本岐炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

本岐炭鉱 画像

本岐炭鉱 写真・ブログ・リポート

本岐炭鉱と中庶路集落
本岐炭鉱は大正13年開鉱の炭鉱です。白糠町の中では庶路炭鉱に続く炭鉱でその後 昭和13年に庶路炭鉱とともに明治鉱業の傘下に入ります。明治鉱業は炭鉱資本の中 では中堅に位置する会社で福岡県の赤池炭鉱を軸に北海道ではここ庶路炭鉱、本岐 炭鉱
本岐炭砿 - 坑口と浴槽跡 - - 探索の痕跡
2011年12月3日 トーチカがいくつかあるのが気になっています。 白樺のは入口がコンクリートで塞がれ ていました。 新富士や大楽毛のも当然そうでしょうが、春になったら写真だけ撮って みようと考えています。 私も若い時は探検大好き・・無茶をしてケガもしま
冬の中庶路本岐炭鉱 - 探索の痕跡
道東の炭砿は山の中に多く 夏場に訪れると木々と虫がもの凄くて 冬場に訪れると雪に覆われて遺構が見えません まあ山の中の廃墟ですからどこも一緒ですねw 炭砿巡りで一番良い季節は 雪が降り始める前の12月か 雪解けの始まった4月 
中庶路本岐炭砿 - 1 - - 探索の痕跡
道東の中庶路というところには 明治本岐炭砿跡 があります 大正13年庶路本岐炭鉱(株)により開鉱 昭和13年明治鉱業が買収 昭和43年閉山 西庶路のほうには明治庶路炭鉱があります 白糠の炭山の歴史は古く 石炭岬というところは安政4年 
ズリ捨てポケット - 探索の痕跡
本岐炭砿跡 石炭トラック積み込み施設の奥にある建物. P1090449.jpg · P1090452.jpg 霧で湿った木々とコンクリートの色は似ており、 雨上がりの色をしていました。 霧空と煙突. P1090462.jpg ズリ捨てポケット上部. P1090465.jpg ズリ捨てポケット全景. P1090457.jpg 勝手にズリ捨てポケット...
水力採炭 - 探索の痕跡
本岐炭礦が水力採炭方式での出炭を開始したのは閉山の数年前でした。 この施設が柱 炭鉱跡・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの戦跡、その他無人駅・文化財・秘境などに出かけては写真を撮っています。現地探索レポートと、 
忘れられた町7 本岐炭鉱
白糠町では、庶路川沿いを中心に大小の炭坑がいくつが増えていき、小規模の炭坑は、白糠・新白糠(石炭崎)・神之沢(庶路)・松 道道に戻り、これらの炭鉱跡のすぐ近くの中庶路の集落は、人気も少なく、郵便局も廃局となり(11)、小学校も廃校となり(12) 
雪の降る日の炭鉱跡 その1 - 炭鉱(道東)
Attheplace-その場所で-ひこさんと訪れた冬の炭鉱跡。雪に覆われる遺構の風景を堪能して来たので、今回から小刻みに写真を載せていきます。
秋の終わりに本岐炭礦 - 炭鉱(道東)
本岐炭礦跡。季節は秋の終わり、時刻は午前中、天候は濃霧で光が少ない。原炭ポケット内部には光が届かずとても暗かった。その証拠に手振れしてますw地面から突き出た謎のレール炭礦跡の紅葉封鎖された人道トンネル他に入気排気の坑口を4箇所、巻座の跡なども見学しましたが、写
ゆるたん。 |発見・本岐炭鉱ー選炭場
実はまだお昼を回ったばかりで、時間はたっぷり。雄別まで来たら、その周辺にも炭鉱跡があったはずなのでついでに寄ってみようと考えていた。あの傾いたホッパー…庶路炭鉱とか見てみたいな( ̄¬ ̄)ジュル…でも場所に全く自信がなく…とりあえずその方面へ走ってみることに。