清見屋

清見屋は千葉県香取市のJR佐原駅近くにあった百貨店。正式には「佐原ショッピングプラザ清見屋」。

1970年頃オープン。2004年2月閉店、以後長い間建物が放置されたままだったが、2014年5月頃から解体工事が始まった。跡地には香取市のまちおこしセンターが建設される予定となっている。

解体され現存していません

清見屋 住所

千葉県香取市佐原イ

清見屋 種類

パチンコ店・商店

清見屋 画像

清見屋

清見屋 写真・ブログ・リポート

さよなら、清見屋@佐原、香取市 - 世界潜水旅行倶楽部の世界潜水旅行ガイド
さよなら、清見屋@佐原、香取市都心に近い、小京都ということで微妙に人気の、香取市(佐原)だが、小京都とは、要は昔は栄華を極めていたが衰退した街、という解釈になるところ、街の実態は、地方都市の悲しさ、そしてなまじ、昔は栄えていた分、街の実態は、かなりなさけない状
佐原駅前風景|寝言は寝て言うも~ん
駅前のこの清見屋さんは2004年に自己破産により閉店したとのことですが、10年も再開発されることなく、このまんまの状態だったのか・・・・。その清見屋の向かい側にあったのがこの建物。丸越百貨店の看板が掛っておりますが、1階はシャッターが下りたまんまです。すでに営
伊能忠敬記念館・他 - 蟹鹿群
駅前に向かう途中、かつての百貨店「清見屋」の廃墟がどどーんと立ちはだかる。あの頃の佐原にはこの清見屋とポポ(十字屋)が存在し、かなりの賑わいを見せていたのだ。成田には百貨店がなかったので、子供心に非常に羨ましかったものだったのだが。清見屋は2004年に自己破産
佐原・知られざる被災-1:一瞬の情景:So-netブログ
この“中央口”って、おかしいですね。ここは、「清見屋」という破産した百貨店の跡地です。この蔵造りの家も、瓦が崩れ落ちたようですね。あまり報道されていないので知らないのですが、東日本大震災は佐原に大きな爪痕を残したようですね。うわぁあ~、この家も。真っ黒な木造の
佐原
旧清見屋ショッピングプラザまでの通り旧清見屋ショッピングプラザ前の通り旧清見屋ショッピングプラザ東通り商店街1東通り商店街2
佐原駅前商店街(千葉県香取市) - 新日本DEEP案内
さらに「丸越百貨店」「富士デパート」の真向かいにだだっ広い空き地があるのだが、実はここも「清見屋」という地元デパートの廃墟がそびえていたのだ。昭和の時代には佐原で一番のデパートだったともいう存在。しかしモータリゼーションの影響で郊外に流れる客を繋ぎ止める事もで
諏訪神社展望台から佐原の街並みを臨む|あほ太郎の不思議惑星探検記
赤くて遠くから見ると白い家っぽいマークが看板の高い建物が今は廃墟?の懐かしい清見屋デパート。 あほ太郎の不思議惑星探検記-清見屋1 高校時代には屋上のゲーセンでコーラ飲んで時間を潰したり、怖い兄ちゃんに絡まれたり・・・ 
5月のウミガメ。: ぶらりパチリ、佐原
途中の佐原で乗り継ぎの時間が40分ほどあったのでその時間を生かして昔ながらの町並みが残る佐原をぶらりパチリしてきた。 町並みの景観を合わせたJR成田線の佐原駅。 シリーズ:まちかどヴィーナス. 清見屋という大きな百貨店。 廃墟に 
新・院長室: 朝から晩まで飲んでます
DSCF5237.jpg 片道3時間ほどかけまして、佐原に着きました。 閉店して久しいであろう駅前百貨店の清見屋は廃墟マニアの心が騒ぐ? DSCF5239.jpg 駅前近くの駐車場の看板には懐かしの車名達が。。。 DSCF5240.jpg 今日は天気も