旧・湊川橋梁

旧・湊川橋梁は千葉県富津市にある橋梁跡。JR内房線上総湊駅の近くの現・湊川橋梁袂に位置し、橋脚だけが残っている。

1916(大正5)年に建設されたが、1923(大正12)年の関東大震災による河床の上昇が原因で、1925(大正14)年に現橋に付け替えられた。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

旧・湊川橋梁 住所

千葉県富津市湊

旧・湊川橋梁 種類

廃橋

旧・湊川橋梁 画像

旧・湊川橋梁 写真・ブログ・リポート

鉄道遺跡( 台風 ) -
富津市上総湊付近で鉄道遺跡を発見した。場所は湊川鉄橋の袂。「なんだろう、このしっかりしたレンガの塔は?」不思議に思ったので散歩中のお年寄りに尋ねてみた。「ああ、これかい、これは昔の鉄橋の跡だよ」「大正時代に使っていたんだけど、関東大震災で川がここから何百メート
三浦半島デジカメ便り 上総湊(3)鉄道遺構
2009.10.12、上総湊(かずさみなと)。上総湊駅から南下して湊川を渡らずを川沿いに海に出て、海岸へと歩く途中に気になる煉瓦造りの建造物を発見。これのすぐ右側の土手の上が現役の内房線の線路。こういう、今は何の役に立っていないのに存在感のある物件にゾクゾクし
土木の風景 : 湊川鉄橋 no.267 - livedoor Blog(ブログ)
さて、JR内房線の線路は湊川を渡るのですが、「湊川鉄橋(橋梁)」といいます。まずは、漁港の方から湊川鉄橋の全景を・・・そして雰囲気はこんな感じです。橋梁形式はワーレントラス、プレートガーター、L=162mだそうです(設計は鉄道省)。といいながら、よくよく見ると
上総湊の鉄橋脇には旧橋脚が残っています。この橋脚は対岸にも残っており、そして湊川にもその跡が残っています。関東大震災の時に河床が隆起してしまい、その後現在の鉄橋(↓)に換えられたとの事です。なので現在の鉄橋ももうかなりの時が経っているということですね。今日は小
内房線上総湊~竹岡 旧湊川橋梁跡( 鉄道、列車 ) - Fusoza Field ~tetsubaの亡骸blog~ - Yahoo!ブログ
はぅ~扶桑座です。富津岬の次にむかいしは内房線上総湊~竹岡にある旧湊川橋梁です。前々から列車より眺めた際に煉瓦製旧橋脚があるのが気になっていました。現在線のすぐ脇にあり、町道のすぐ上を跨ぐ煉瓦製橋台跡が綺麗に残っていました。川面に残る橋脚群はまたいずれかの機会