鯰田炭鉱

鯰田炭鉱は福岡県飯塚市にあった炭鉱。

明治22年に三菱が麻生より購入。第1坑から第6坑まで開発され、最盛期には5000人が働いていたという。鯰田駅からは引き込み線が惹かれていた。昭和41年に坑内採掘を終了。以後、露天掘りで操業継続されたが、昭和44年に鯰田炭鉱の経営を三菱高島炭鉱株式会社に譲渡。昭和45年6月19日閉山。

跡地は三菱マテリアル筑豊事務所、ゴルフ場やオートレース場および空き地になっている。西鉄バス「鯰田」停留場そばの建物下にコンクリート遺構が見られる。他に煉瓦倉庫跡などもあるらしいが、詳細不詳。

また飯塚市綱分付近に鯰田第6坑のものと思われるコンクリート遺構があり、付近には関連施設らしい建物もある。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

鯰田炭鉱 住所

福岡県飯塚市鯰田

鯰田炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

鯰田炭鉱 画像

鯰田炭鉱

鯰田炭鉱 写真・ブログ・リポート

三菱 鉱業 鯰田 炭鉱(飯塚市)|鶴嘴さんのブログ
最近、ちょっと暇があるのでガンガン更新していきます今回は、三菱鉱業鯰田炭鉱跡へ探索に行きますまずは、遺構を見せていただくために三菱マテリアルさんに許可をもらいにすると、「申し訳ありません、解体しました。」との解答ガーン解体されていなければ、レンガの倉庫やホッパ
三菱鯰田炭鉱 ??坑 トライスターの放浪日記/ウェブリブログ
ここの炭鉱は元々は麻生さんの所の鉱区でした。明治22年譲渡された鯰田炭鉱は巻揚機械一台で一日二十トン足らずの小さな炭鉱でした。三菱社は同年6月から本格的起業に、着手し高島炭鉱から技術者や職工が移動し機械なども運んできたようです。その後、長壁式・残柱式採炭法、石
三菱鯰田五坑専用線跡
三菱鯰田五坑専用線跡1(1997頃?)JR後藤寺線下鴨生駅の下三緒方にこの橋台はある。後藤寺線とは南北にクロスしている。廃棄されてからかなり経っているのだろう木が生い茂っている。この橋台は一体何者かというと三菱鯰田炭鉱の専用電車線の跡。昔の資料を見ると確かにこ
三菱鯰田炭鉱
三菱鉱業(株)鯰田炭鉱三菱マテリアル筑豊事務所付近に残る倉庫。露天掘跡はゴルフ練習場になっている。三菱鯰田炭礦跡の碑。鯰田鉱は筑豊における三菱最後の炭鉱であった。戻るPoweredbyTOK2AdsbyTOK2
【夏の自由研究】三菱鯰田炭鉱|くうねるあそぶ♪~NO RUINS,NO LIFE. ~|ブログ|Blue Field|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)
さて今回は三菱鯰田炭鉱当時は露天掘りも行っており、かなりの規模の炭鉱でした。現在跡地はゴルフ場やオートレース場、そして用途が決まっていない空き地が残っている状況です。西鉄バス「鯰田」停留場横に残っていた遺構。向かいには三菱マテリアル筑豊事務所があるおそらくホッ
三菱鉱業 鯰田炭鉱跡地 | あれなん
鯰田炭鉱かつて飯塚市鯰田(旧庄内・旧頴田・旧稲築)にあった炭鉱広い鉱区には一坑~六坑それに露天坑もあったが昭和45閉山積出駅だった鯰田駅古い木造駅舎は炭鉱全盛当時のまま?今では電車が颯爽と駆け抜ける駅ですが当時この右奥へは鯰田炭鉱の引込み線があって沢山の石炭積
「ふる里の蒸気機関車」VOL57
麻生から買うた三菱は、明治22年から本格的な操業ばはじめ、飯塚市・頴田(かいた)町・庄内町・稲築町に、第1坑から第6坑まで、つぎつぎに開発して、最盛期には5,000人が働く、筑豊の優良炭鉱になっとった。そやケン、鯰田駅から近か鯰田炭鉱までは、800mの貨物支線
飯塚市綱分周辺の遺構 | あれなん
ここには炭鉱操業時代のものであろう建屋がありますこれですが、何の建屋かは不明壊れてますが門柱は立派なんですよねぇ....場所は綱分栄町交差点から近いところで古い航空画像からも何かがあったような感じなのでもしかすると炭鉱関連の建屋かも以前投稿したバナナみたいな木
三菱鉱業 鯰田新五坑 積出線橋梁..かも | あれなん
綱分栄町交差点付近、最近投稿した遺構を含めてこの周辺は立入禁止看板からも判る通り現在の土地所有者は三菱マテリアル。ってことは当時三菱鉱業の何かがあったであろうと予想は付くけど投稿した一帯を除いてほとんど遺構は残っていない。なので他に何か残って無いか池の方まで目