中ノ島

中ノ島は長崎県長崎市にある島。軍艦島(端島)の隣に位置する。

明治期に軍艦島よりも早く開発された炭鉱島だったが、坑内の湧き水によりわずか9年で閉山。その後は端島住民のための水上緑地公園や火葬場、墓地として使われていた。

海岸には石積の堤防跡や煉瓦造りの遺構があり、竪坑跡や火葬場跡など、多くの遺構が見られる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

中ノ島 住所

長崎県長崎市高島町

中ノ島 種類

廃鉱・採石場跡

中ノ島 画像

中ノ島 写真・ブログ・リポート

【特集】中ノ島 #01 - 廃墟徒然草 -Sweet Melancholly-
軍艦島の中でもよく知られた場所や有名なエピソードの数々は、軍艦島関係の老舗サイトさんを初め、私たちオープロジェクトや端島出身の方のサイトもで、沢山アップされているので、このブログでは、あまり知られていない所を取り上げていきたいと思います。この特集は軍艦島の隣に
軍艦島のお隣さん、中ノ島(前編) by サカイ [長崎県] : 八画文化会館
GWに軍艦島を見に長崎県に行きました。しかしクルージング出発時刻に、(3時間ほど)寝坊してしまい、私は小さな漁港で途方に暮れていました。すると親切な漁師さんが、軍艦島の隣の中ノ島に連れて行ってくれるといいます。私は『軍艦島の遺産』(後藤恵之輔・坂本道徳著/長崎
軍艦島になり損ねた島 ~ 中ノ島 : アトリエ隼 仕事日記
軍艦島ツアーガイドをしていた時、軍艦島のすぐ横にある島(岩礁)、中ノ島について説明する際、「軍艦島の埋め立て前は、あの中ノ島よりも少し小さな島だった」と言うと、けっこう驚く人がいました・・・ツアーでは、軍艦島の手前にあるので、中ノ島について説明を始めますが、ゲ
ちび太郎のさるく日記:中ノ島(長崎市高島町)
中ノ島の炭鉱開発は明治16年、端島(軍艦島)より先んじて行われましたが、約10年の操業で閉山。都市機能の全てを備えた端島でしたが火葬場だけは島内になく、500mほど離れた中ノ島に火葬場が造られました。普段、人や定期船で賑わうドルフィン桟橋とは違う桟橋から、棺を
端島(はしま)・中ノ島(なかのしま)
★中ノ島は端島の北北東約700mに浮かぶ無人島。炭鉱開発は明治12年(1879)に始められ、同17年に官有となった後、三菱に払い下げとなり同26年まで石炭採掘が行われていました。坑道の湧き水が多く、掘削困難となったことが閉山の理由でした。★閉山後は桜が植えられ
ABOUT GUNKANJIMA - TUNNEL OF BLACK DIAMOND
端島に最も隣接する中ノ島は元来炭鉱の島で、既に細々と操業されていた鉱区を、端島よりも早い明治17年(1884)に三菱社が買収し、竪坑2本を掘削するなど、本格的な操業が始まりますが、坑道の湧き水が多く明治26年(1893)に操業を停止し、その炭鉱生命は短命に終わ
中ノ島( 写真 ) - 追憶の彼方へ-ruins rider- - Yahoo!ブログ
生活していくうえで必要なものは全て揃えられているという印象のある軍艦島だが、火葬場やお墓は無いのである。軍艦島から約500m北東にある中ノ島がその役割を果たしていた。中ノ島は元来、炭鉱の島で軍艦島より早い明治17年に三菱が買収し操業が始まっている。しかし9年と
中ノ島 海上公園: 軍艦島上陸 クルーズ ツアー さるく日記・・・
中ノ島炭鉱は「軍艦島」端島の隣にある島かってこの島も炭鉱の島だった。石垣の上に立坑やぐら、日本の煙突が見える明治17年から明治26年まで操業していた。戦前戦後の6年間人が住みヤギや豚を飼育していたそうである。端島閉山までは火葬場、公園として使用された。昭和30
小雪の小旅 中ノ島
中ノ島に船で近づいて望遠100ミリで撮って見た限りでは、廃墟というより遺跡化しています。桜は今でもあるのかな?いつか上陸してみたい島です。中ノ島からコンニチワ~って、わーい端島だー!!あ、階段だー!上りたいな~。2003年9月長崎県中ノ島
端島住民憩いの島 [中ノ島*1] | FORBIDDEN KYUSHU
端島の隣にあり、端島よりも小さな島「中ノ島」は、元々炭鉱の島でもありました。採炭の時期は明治16年ごろから10年間と短く、その後は放置状態でしたが、昭和37年に島が整備され、島頂には公園も造られて、端島住民の憩いの場となっていたそうです。島の岩場に同化している
【PHOTO】端島(軍艦島)と中ノ島 - 【PHOTO】炭鉱・鉱山
手前のレンガの遺構が転がってるのが中ノ島奥が端島(通称:軍艦島)端島では産業であった炭鉱と人々の生活があった中ノ島には火葬場や墓地があったそれぞれの役割のあった二つの島【撮影月日】2011.06.25【撮影地】長崎県長崎市【撮影機種】NikonD80+AF-S