松浦炭鉱

松浦炭鉱は長崎県佐世保市にあった炭鉱。

明治35年、合資会社松浦炭鉱設立。昭和11年に飯野汽船会社へ譲渡され、飯野炭鉱の経営となる。昭和45年閉山。

地図位置にホッパー跡が残る他、松浦炭鉱事務所が佐世保市世知原炭鉱資料館として利用されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

松浦炭鉱 住所

長崎県佐世保市世知原町槍巻

松浦炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

松浦炭鉱 画像

松浦炭鉱

松浦炭鉱 写真・ブログ・リポート

ALL-A blog 松浦炭鉱のホッパー
松浦炭鉱のホッパー長崎県佐世保市世知原町槍巻撮影2011年11月世知原炭鉱資料館(旧松浦炭鉱事務所)の前の道路を少し東に進んだ地点に、炭鉱のホッパーが残っています。かつてはこういう小型ホッパーが町内の至る所にあったのでしょうが、現存するのはたぶんこの1基だけか
松浦炭鉱(飯野炭鉱) ~ 佐世保市世知原町① : アトリエ隼 仕事日記
松浦炭鉱(飯野炭鉱)明治35年、合資会社松浦炭鉱設立。以来、高島炭鉱とともに長崎県の主要炭鉱として稼働しました。昭和11年飯野汽船会社へ譲渡。飯野炭鉱の経営となりました。同45年の閉山まで、山間の炭鉱町として、世知原町は大いに栄えました。今回は、当時の写真と現
フクダジマ探検記 松浦炭鉱
長崎県佐世保市世知原町。国鉄松浦線(現松浦鉄道)吉井駅より分岐した世知原線に沿って飯野炭鉱経営の松浦炭鉱まで散策してみる。現在も吉井駅の構内は操車場の名残りでだだっ広い空き地が広がっている。超大編成の石炭車を並び替える光景はさぞかしダイナミックであったろう。サ
松浦炭鉱
松浦炭鉱佐世保市世知原町に残る飯野炭礦㈱松浦炭鉱事務所。古さを感じさせない綺麗な状態である。事務所は長崎県有形文化財に指定されている。入口には「佐世保市世知原炭鉱資料館」とあるが・・・。戻る進むPoweredbyTOK2AdsbyTOK2
松浦炭鉱 トライスターの放浪日記/ウェブリブログ
旧松浦炭鉱の事務所。しかし立派な事務所ですね~案内の看板も立っています。内部は当時使われていた・・・自走枠やキャップランプその他結構展示してありました。僕がたまげたのはコレ!!紙も少し痛んで最初は何か分からず全く気にしていなかったのですが・・・あの大きな紙をも
松浦 炭鉱(佐世保市)|鶴嘴さんのブログ
長崎旅行中にふと、佐世保市にも炭鉱遺構が残っていると聞いたな~っと思い出しました急遽、許可をもらい探索へと向かいますとりあえず、佐世保市世知原町に行きます現地に到着してまず、最初に松浦炭鉱の旧事務所を見物しますとても、オシャレな造りの事務所ですこの、旧事務所は
ALL-A blog 松浦炭鉱斜坑口
松浦炭鉱斜坑口長崎県佐世保市世知原町撮影2011年11月世知原町には前回紹介した他にもう1カ所、坑口が残っています。ご覧の通りの美しい斜坑口です。_ネット上にこれを紹介するページはいくつかあるものの、詳しい場所の記載はなく、見つけるのは少々苦労しました。現地の
ALL-A blog 松浦炭鉱第3坑坑口
松浦炭鉱第3坑坑口長崎県佐世保市世知原町栗迎撮影2011年11月世知原炭鉱資料館(旧松浦炭鉱事務所)の近くを流れる川の対岸に、炭鉱の坑口が保存されています。_門扉越しに内部を撮影。坑木はコンクリート製の擬木ですね。以前は内部を公開していたようで、擬木は公開用に