個人宅で静態保存された大牟田線200形

福岡県筑紫野市にある個人宅で静態保存された大牟田線200形車両のモ211号車。

西鉄天神大牟田線の車両で、1937~41年に30両が製造された。戦時中から戦後期にかけて使用されていた。その後甘木線で使用されていたが1989年に廃車。鉄道模型会社社長の手嶋通久氏が買い取り、先頭部分だけを個人宅に保存している。

廃車であるが個人で管理しているものであり、また場所も個人宅であって、廃墟ではない

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

個人宅で静態保存された大牟田線200形 住所

福岡県筑紫野市二日市西3丁目

個人宅で静態保存された大牟田線200形 種類

廃車・廃船・廃飛行機

個人宅で静態保存された大牟田線200形 画像

個人宅で静態保存された大牟田線200形

個人宅で静態保存された大牟田線200形 写真・ブログ・リポート

【福岡】筑紫野市の民家に電車の車両?! | Y氏は暇人
筑紫野市某所の住宅街を通過中に民家に電車が置かれていて思わず二度見してしまいました。スポンサードリンク▲なぜこんなところに電車が?!▲ハリボテ感はなく、とても重厚なものですので実際の電車のような感じです。▲どうやら車両は短く切断されているようです。外から見た感