鶴見崎砲台

鶴見崎砲台は大分県佐伯市にあった旧軍施設。現在の地名は鶴御崎であるが、当時の地名は鶴見崎。

1931(昭和6)年9月16日、鶴見崎(砲塔)砲台竣工。1942(昭和17)年9月、鶴見崎第一砲台鶴見崎第二砲台竣工。鶴見崎(砲塔)砲台は後に丹賀砲台となる。

鶴見崎(砲塔)砲台跡はミュージアムパーク丹賀、鶴見崎第一・鶴見崎第二砲台はミュージアムパーク鶴御崎として整備されている。

鶴御崎灯台は砲台跡に建てられている。観測所跡や地下壕跡などの遺構が見られる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

鶴見崎砲台 住所

大分県佐伯市鶴見大字梶寄浦

鶴見崎砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

鶴見崎砲台 画像

鶴見崎砲台 写真・ブログ・リポート

九州最東端の地~鶴御崎~ 番外編「鶴御崎砲台跡」|まめ八のブログ
まず、「鶴御崎砲台」とはどんな場所であったか、という事から簡単にご説明させて頂きます。1920(大正9)年に旧日本陸軍は、太平洋から瀬戸内海に至る重要なシーレーンであった豊予海峡(関アジ、関サバで有名な大分県佐賀関と愛媛県佐田岬との間の海峡)を守るため「豊予要
鶴見崎砲台2
地元の行政が保存に前向きに取り組んでいたようで(市町村大合併後については分かりません)、兵舎・井戸・貯蔵庫跡等を巡る散策路が作られていました。丹賀の砲塔砲台事故の跡、ここが第一砲台、山の頂上にある観測所下に第二砲台(38式12糎榴弾砲)が作られ、高島・佐賀関・
廃墟&近代化遺産(灯台に隠された要塞):響とバイクと山遊び:So-netブログ
九州本土の最東端でもある鶴御崎灯台。実はその灯台の下に巧みにカモフラージュされた要塞跡があったのです。灯台下の駐車場から歩いて灯台に上がる途中に早くも戦時中のものと思われる横穴を発見。さすがに崩落の危険があるのでこれ以上は近づけません。覗けないのでなんの為の横
鶴見崎砲台 鶴見崎灯台
(つるみざきほうだい=現在の鶴御は戦争当時「鶴見」と表示されていた)他の写真豊後水道に突き出た細長い鶴見半島の先端(九州の最東端)のこの地に、第2次世界大戦中、豊後水道をはさんで大分・愛媛両県にまたがって構築された豊予要塞(豊後水道一帯の守備要塞《ようさい=国
鶴御崎第一砲台( 大分県 ) - BNR34のある生活 - Yahoo!ブログ
九州最東端にある「鶴御崎灯台」今は、九州最東端の碑があり、少ないながらも観光客が訪れているようですが、戦時中、ここには大規模な要塞がありました。鶴御崎灯台は、その要塞施設の上に建てられており、要塞施設の一部はギャラリーに改装され、時を刻んでいます。今回、この要
鶴御崎周辺散策|遺産、遺跡を求めて…
今回の鶴御崎は九州最東端の場所でもあります。バブル期に「ミュージアムパーク」として整備されたみたいですけど…ガラガラです(笑)鶴御崎灯台です。あの灯台の近くに旧海軍の施設跡があるんですよね。さて、行ってみますか♪海峡に侵入する敵潜水艦を捕捉するための聴測所です
鶴見崎第一砲台
鶴見崎第一砲台(上)北から3番目の砲座鶴見崎第一砲台には、45式15cmカノン砲4門が据え付けられた。4箇所の砲座中、2箇所は素掘りのままであり、突貫工事であったことが理解できる。(上)最も北側の砲座(上)最も北側の砲座内部(左)北から2番目の砲座(上)北から
鶴見崎第二砲台
鶴見崎第二砲台(上)1番北側の砲座鶴見崎第二砲台には、38式12cm榴弾砲4門が据え付けられたが、のちに佐田岬砲台へ移された。(上)北から2番目の砲座(上2点)砲側庫横に残る横穴(上)北から3番目の砲座(上)北から4番目の砲座鶴見崎第一砲台へつづくHome>豊