矢岳炭鉱

矢岳炭鉱は長崎県佐世保市にあった炭鉱。本土最西端に近い北松浦半島の楠泊漁港に位置する。

1900(明治33)年に開坑。何度かの経営者が変わり、1945(昭和20)年に日鉄鉱業が買収した。1962(昭和37)年閉山。

道路沿いの見やすい位置に石炭積み出し用のホッパーがある他、内陸部にも坑口跡や変電所跡、シックナーや貯炭所などの建築物などが残っている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

矢岳炭鉱 住所

長崎県佐世保市小佐々町楠泊1541

矢岳炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

矢岳炭鉱 画像

矢岳炭鉱

矢岳炭鉱

矢岳炭鉱

矢岳炭鉱

矢岳炭鉱 写真・ブログ・リポート

ALL-A[矢岳炭鉱]
矢岳炭鉱は、本土最西端に近い北松浦半島の小さな漁港にあった炭鉱である。1900(明治33)年に開坑後、幾度かの経営者の変遷を経て1945(昭和20)年に日鉄鉱業が買収した。閉山は1962(昭和37)年。遺構としては、岸壁に石炭積み出し用のホッパーがある他、私は
小佐々町・矢岳炭鉱ホッパー跡 : アトリエ隼 仕事日記
「廃墟マニア」、とりわけ「炭鉱廃墟マニア」にとっては、かなり有名な場所・・・ということで、記事としてUPすることをややためらってしまいますが、池島、端島の次ぐらいにくる県内の炭鉱遺構として、触れないわけにもいかないだろうと思います。炭鉱にまったく興味が無い人で
矢岳 炭鉱(詳細)|inherit mine history
明治33年、矢岳、久保田芳太郎開坑、大正3年、坑主、浦田六平急死し、石炭運搬船主であった、永井太郎、寺田坂太郎の経営になる、のち名古屋ガスへ大正7年8月30日、矢岳炭鉱矢岳炭鉱本坑開坑昭和3年、藤田某が名古屋ガスより買収同年、矢岳炭鉱(株)創立昭和12年1月1
まつろの国の風土記: 矢岳炭鉱
佐世保市小佐々町の炭鉱跡。藪をかき分けてたら知らぬ間に私有地に入ってた…。写真は変電所跡かな。とりあえず見たかったのは小佐々町の港にある有名なこのホッパー。この辺りで炭鉱跡を調べてる人で知らぬ者はいない、有名な物件。写真奥側が海なので、手前側の延長上に炭鉱があ
矢岳炭鉱を巡る ~奴には参った~ - HARMONIE in PERFEKTION
また炭鉱ネタですm(__)mちなみにお断りしておきますが炭鉱関係者でもありません(笑)飛島炭鉱跡と共に長崎県北部の炭鉱跡としては行っておくべし、と勧められたのは矢岳炭鉱というところ。1900年に開坑となり、1962年に閉山になったそうです。道が悪いとは聞いてい
矢岳炭鉱(5) [徹底調査篇2] 海辺のホッパーおさらい | FORBIDDEN KYUSHU
最近さっぱり天気に恵まれません。今週も雨ばかり、海上は波も高く、行きたいところに行けもしませんね。さて、矢岳炭鉱再訪からもうひと月経とうとしています。っていうか、最近もまた行ったんですけどね(笑天気は最悪でしたけど。。前回2月某日に再訪した際の楠泊港付近、空は
廃墟&近代化遺産(小佐々町のホッパー跡):響とバイクと山遊び:So-netブログ
日本に数ある先っちょの中である意味別格の存在であるのが東西南北の先っちょと言えるでしょう。その由緒ある先っちょの中で断トツの地味さで定評のある長崎県小佐々町にある神崎鼻そう、ここは日本本土最西端の地なのである。4ヶ所しか無い東西南北の一角を担うこの岬には辛うじ
日鉄 矢岳 炭鉱|inherit mine history
前回矢岳炭鉱を探索した記事を書きましたが、編記させていただきます今回小佐々地区に再訪した実は、小佐々地区を航空写真で検索中気になるところを発見した(昭和49年の航空写真)前回は、積込港と硬山方向には行きました今回は、北側の坑口選炭場に探索に向かうしかし、やはり
賑わった炭鉱町の記憶 ~ 小佐々町・日鉄矢岳炭鉱社宅跡地 : アトリエ隼 仕事日記
佐世保市(旧北松浦郡)小佐々町楠泊。楠泊港に巨大ホッパーが現存することでも知られる同地は、かつて日鉄矢岳炭鉱時代に大変栄えた場所です。今では知る人も少なくなりましたが、古地図には、その社宅街や小学校跡地がはっきりと記されています。人影も無い山中に段々畑のように
矢岳炭鉱ホッパー跡( 長崎県 ) - 三役そろいぶみ! - Yahoo!ブログ
長崎県北部、北松浦半島に位置する小佐々町そこに楠泊漁港という漁港がある港に係留された船を何気に眺めているとこの青い橋に差し掛かる頃、何やら気になるモノが目に飛び込んできたで!近くまで行ってみた。かつてこの町は炭鉱が複数あり石炭産業で栄えいたその当時使用されてい
フクダジマ探検記 矢岳炭鉱
2015年1月19日 選炭場までは500m程の距離があり、中間はRC造りの炭鉱住宅街となっている。 選炭場で分別 まさかとは思うがこの炭鉱の経営者は複雑に変遷しており、 あながち 川を挟んだ茂みには危険物庫と思われる建物も確認する事が出来る。