三池集治監

三池集治監は福岡県大牟田市にあった監獄施設。

1883(明治16)年に設置された、地方監獄とは別に国が管理する重刑者を収容するための施設である。西日本各県の監獄より刑期12年以上の囚徒が集められた。2000人の囚人が収容され、主に三池炭鉱での採炭作業に従事していた。その後、三池監獄、三池刑務所と改称され、三井三池炭鉱宮原坑の閉坑に伴って1931(昭和6)年に閉庁。

1935(昭和10)年、三井工業学校が現在地に移転し、現在も三池工業高校の敷地となっている。建物は残っていないが、レンガ造の外塀、石垣の一部が見られる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

三池集治監 住所

福岡県大牟田市上官町4丁目

三池集治監 種類

刑務所・矯正施設

三池集治監 画像

三池集治監

三池集治監 写真・ブログ・リポート

旧三池集治監
旧三池集治監福岡県大牟田市上官町4三池工業高等学校三池炭鉱の歴史は、明治16年三池集治監が設置され囚人を炭鉱労働者として従事させたところから始まったと言われている。がしかし、次のような記述もある。明治6年、福岡県一円を騒動の渦に巻き込んだ、いわゆる「筑前竹槍一
三池集治監跡
三池集治監(しゅうじかん)跡福岡県指定有形文化財(建造物)(平成8(1996)年指定)三池炭鉱の労働を支えた囚人の収容施設の跡1.概要年代:明治16(1883)年~昭和6(1931)年。現存遺構:レンガ造の外塀、石垣見学:現在は三池工業高校の敷地。外から見るだ
空から見た三池集治監跡
空から見た三池集治監跡三池集治監跡を空から見た画像です。北東方向から南西方向を向いて撮ったものです。現在は三池工業高校ですが、敷地形状は明治16年に集治監が開設された当初のかたちをとどめています。画面手前側と一番奥の2ヶ所に高いれんが塀が残っています。画面右手
三池炭鉱 #09:三池集治監 - 廃墟徒然草 -Sweet Melancholly-
写真は明治17~18年(1884~5)頃の三池集治監。集治監とは国が運営する監獄のこと。各自治体が運営するものを「監獄」と呼ぶのに対し、国が直轄で運営する場所を「集治監」と呼ぶのだそうです。三池集治監は明治16年(1883)に設置され、昭和6年(1931)まで
廃墟&近代化遺産(シュウジカンの空に):響とバイクと山遊び:So-netブログ
高い塀が続く道住む世界を隔てるかのように無機質な壁がどこまで続いている。そう、ここは刑務所何も悪い事をしたわけじゃないので中には入ってないけど、こうやって外から見てもなんだか異様な感じがします。現在は昭和10年から移転してきた県立三池工業高校となっていて周囲の
「ふる里の蒸気機関車」
こん中に酷使された囚人達がおった「福岡県」の目次へ福岡県登録有形文化財大牟田の三池工業高校の敷地は、むかしの三池集治監(みいけしゅうじかん)跡。今でもレンガ塀やら、石垣ばそのまま使いよる。また例によって集治監ちゃなんかいなバッテン、集治監ていうとは地方監獄とは