荒尾二造変電所

荒尾二造変電所は熊本県荒尾市にある変電所跡。

荒尾市にはかつて旧日本陸軍の大規模な火薬工場「東京陸軍第二兵廠荒尾製造所(荒尾二造)」があり、その変電施設だった。戦後は荒尾市電の変電所としても使われた。

「Trans former substation」の文字の横には、連合軍の接収番号「284」が書かれている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

荒尾二造変電所 住所

熊本県荒尾市増永

荒尾二造変電所 種類

廃工場・発電所

荒尾二造変電所 画像

荒尾二造変電所

荒尾二造変電所

荒尾二造変電所 写真・ブログ・リポート

熊本県荒尾市:荒尾二造変電所跡[東京陸軍第二兵廠荒尾製造所] | FORBIDDEN KYUSHU
熊本県荒尾市、といえば三井三池炭鉱、万田坑が有名ですが、荒尾市にはかつて旧日本陸軍の大規模な火薬工場がありました。東京陸軍第二兵廠荒尾製造所を略して荒尾二造と呼ばれる、およそ100万坪の敷地に及ぶ巨大工場です。第二次大戦中に稼動していたその工場は現在、一部の施
荒尾二造変電所跡
荒尾二造変電所跡太平洋戦争(大東亜戦争)中の昭和17年(1942年)、荒尾市内に完成した東京陸軍第二造兵廠荒尾製造所の変電所跡。要は国営兵器工場の施設である。敗戦後は荒尾市電の変電所としても使われた。そのあとは国有地となっていたが、昨年九州財務局により競売が予
荒尾ニ造変電所跡 | 九州ヘリテージ フィールドノート
その工場とは東京陸軍第二兵廠荒尾製造所(通称・荒尾二造)という陸軍の火薬工場。昭和16年に本部事務所が完成、翌17年に専用鉄道と工場が完成し火薬の生産が始まり、火薬の種類によっては全国生産量の約30%を占めるほどの生産高があったといいます。しかし終戦に伴い工場
廃墟&近代化遺産(Trans foemer 基地?):響とバイクと山遊び:So-netブログ
「東京陸軍第二兵廠荒尾製造所」と言うらしい。戦時中にここ一帯は陸軍の火薬工場があったらしくその工場で使う電力施設の変電所があったそうだ。Transformerのトランスって変電所に並んでる装置だからなんだか納得。工場にとって電力は必要不可欠であるためこうして攻