深倉川第1砂防堰堤のループ魚道

福岡県田川郡添田町にある深倉川第1砂防堰堤のループ魚道。魚道とは、魚の遡行が妨げられる箇所で、遡行を助けるために川に設ける工作物である。

現役施設であり廃墟ではないが、古城のような風格がある。

取り上げたブロガーの名前から響魚道とも通称される。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

深倉川第1砂防堰堤のループ魚道 住所

福岡県田川郡添田町落合

深倉川第1砂防堰堤のループ魚道 種類

その他・廃墟一般

深倉川第1砂防堰堤のループ魚道 画像

深倉川第1砂防堰堤のループ魚道 写真・ブログ・リポート

廃墟&近代化遺産(せせらぎの古城は魚達のループ塔):響とバイクと山遊び:So-netブログ
そんな魚達の声が聞こえたのかこんな立派な魚達のためのループ塔が建っていました。年代年式は不明で新しい物と思いますが見た目はそのまんま近代化遺産じゃないですか!古代の要塞を思わせるこの建物は実は魚道であの大きな堰を魚達が登れるようになっています。上流に向かう魚は
雨の奥日田スーパー林道 : 晴天の備忘録
帰りに立ち寄ってみた英彦山の麓、福岡県添田町の深倉川第1砂防堰堤。砂防ダムの横に魚が遡上できるように螺旋階段状に流れを作ってあります。素敵です。走行距離は304km
天神の片隅から No.4 響魚道
2008年6月、響さんが最初に公表して以来マイナリストのメンバー初め、数々の人が訪れるようになる。マイナリストの間では、いつしかここを“響魚道”と呼ぶようになった。魚道とは、、魚の通る道、、。堰やダムなどにより上流に行くことが出来なくな
百景&百選ツーリング・・・№4・響魚道、竹地区の棚田・・・:Tomorrow is another day!:So-netブログ
あ~~~~見えてきた!!見つけた~!(^_^)vさすがに誰もいないな(笑)紫陽花が咲いているうちに来たかったけどもう終わりかけてますさて探検してみよう!水の落ちる音と蝉の鳴き声が響きます(^^)マイナスイオンいっぱいですね。ここに来たらこれやらないと初シェンロ
響魚道:ひろろんブログ:So-netブログ
某日、初めて響魚道に行ってきました。(諸事情により、ここでは期日は明かせませんが(^^;)響魚道は以前探した事あるんだけど、その時は結局判らず以前響さんブログで見た、男○岩とか、女○がある深倉峡に行ってしまい、リベンジを果たそうと思っていたのでありました。だれ
with CB1300SB~King of Tachigoke~ |響魚道散策
響魚道に到着です。R322にあるダイソーで、とりあえず~なイモリ捕獲セットを購入。タッパはティッシュを敷いて水を入れて捕獲したイモリを持ち帰るためです。網はもちろん捕獲用。カップは水汲み用です。完璧♪ココで集まって何かするのに心配しなくて済みそう。椅子もテーブ
ぷちっと響魚道へツーリング:The Long and Winding Road:So-netブログ
ここはヤマセミさまがいる響魚道!んでも鳥の声はしない・・・やっぱ広角でヨカッタか・・・んでもさっき気がついて直したんだけど、最近「わたすピントが合ってない」って思った原因!AFのフォーカスが右横に行ってた(^^;)/だからジャストピントのカワセミさまは右横にい
デイトナ復活!今年初の響魚道へ:Bike Junkie:So-netブログ
今年最初の響魚道に到着。さてイモリは居るかな~?去年何度か探しに来たが見つからず、3日前にゆうさんが来た時も居なかったと言うし…あまり期待はしないでおこう。フェンスが開いてるので上の方にも登ってみるが…。これが限界^^;ゆうさんのレポにもあったが、アジサイはま