杵島炭鉱大鶴鉱業所

杵島炭鉱大鶴鉱業所(きしまたんこうおおづるこうぎょうしょ)は佐賀県唐津市にあった炭鉱。

明治期に開鉱。1934年(昭和9年)に香春鉱業の経営となり、1936年(昭和11年)に杵島炭鉱が近隣の唐津炭鉱と共に買収、杵島炭鉱大鶴鉱業所として採炭を始める。1957年(昭和32年)に閉山。

地図は杵島炭鉱大鶴鉱業所第二坑口。コンクリート造で、坑門と約7mの坑道からなる。他に橋脚跡が残る。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

杵島炭鉱大鶴鉱業所 住所

佐賀県唐津市肥前町梅崎

杵島炭鉱大鶴鉱業所 種類

廃鉱・採石場跡

杵島炭鉱大鶴鉱業所 画像

杵島炭鉱大鶴鉱業所

杵島炭鉱大鶴鉱業所 写真・ブログ・リポート

杵島 炭鉱 大鶴 鉱業所|inherit mine history
佐賀県炭鉱探索、今回は唐津市肥前町にありました杵島炭鉱大鶴鉱業所跡を歩きます(昭和52年の航空写真)とりあえず、現地に向かいます地区に到着して、少し長い下り坂をおりて行くと、第二坑です文化財に指定されていました遺構が文化財などに指定されていると、ホッとします壊
旧 杵島炭鉱大鶴鉱業所
にあんちゃんの里~旧杵島炭鉱大鶴鉱業所(2004年7月31日撮影)「どん底の貧しい生活の中で明るく生き抜く10歳の少女の日記、昭和28年から親もない家もない兄妹4人が厳しい現実の中でくじけることなく、いつも励まし合って生きる姿を正直に綴った日記は生のままの描写
「にあんちゃん」の杵島炭鉱大鶴鉱業所(佐賀県唐津市) : アトリエ隼 仕事日記
杵島(きしま)炭鉱大鶴(おおづる)鉱業所。「にあんちゃん」のきょうだい達が暮らした場所として有名ですが、ぜひ、この場所の空気を吸っておきたい!・・・と思っていた場所でした。杵島炭鉱大鶴鉱については、いろいろと詳しく出まわっているようですから、割愛します。ここが
杵島炭鉱ー01
杵島炭鉱佐賀県東松浦郡玄海町大鶴1/1きじまたんこう探訪:2006年11月九州の炭層は中央構造線、大分~阿蘇~雲仙ラインの北側に固まっているようだ。福岡県内の筑豊、そして三池炭鉱の大牟田、荒尾周辺、長崎の高島、軍艦島(端島)周辺の炭鉱群などなど。これらが地質学
廃墟&近代化遺産(杵島炭鉱大鶴鉱業所):響とバイクと山遊び:So-netブログ
これは佐賀県の東松浦郡にある大鶴炭鉱の新坑跡。正確には杵島炭鉱大鶴鉱業所の第二坑の跡だ。昭和32に閉山になった後に坑口は塞がれているが幾つかあった坑口で残っているのはこの第二坑のみらしい。入口のシンボルプレートは外れて無くなっているが最盛期には1300人を超え