大君低砲台

大君低砲台は広島県江田島市にあった旧軍施設。

広島湾要塞の一角として1899年(明治30年)5月起工、1900年(明治34年)2月竣工。クルップ式12cm加農砲が2門×2ヶ所の計4門を備えた。

現在砲台跡は私有地にあるが、探照灯台は見る事が出来る。発電設備跡の煉瓦建築などが残る。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大君低砲台 住所

広島県江田島市大柿町大君

大君低砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

大君低砲台 画像

大君低砲台 写真・ブログ・リポート

⑫大君低砲台跡
江田島市大柿町大君常ヶ石崎⑫大君低砲台跡広島湾要塞の一角として早瀬瀬戸防衛のために、常ヶ崎石の標高14.6mに明治30年5月に建設が始まり、明治34年12月に完成したのが大君低砲台です。この砲台は12cm加農砲4基を装備した小さい砲台です。付属施設として、岬の
広島湾要塞 大君低砲台
(上)大君低砲台の砲側庫大君低砲台跡は私有地内に残っているそうです。許可を得て訪ねましょう。広島湾要塞大君(おおきみ)低砲台※この大君低砲台のページの写真は全て、愛媛県今治市のT様よりいただいたものです。また、T様より情報も教えていただきました。ありがとうござ
大君砲台跡:響とバイクと山遊び:So-netブログ
広島県江田島呉から瀬戸内海で複雑に飛び出た江田島の中で東能美島と呼ばれる島。倉橋島と東能美島とをつなぐ黒瀬大橋を渡って少し南下したところにある小さな半島に大君砲台跡がある。車両通行止めの未舗装の林道を歩いて行くと砲台関連の建物を発見!完全に廃墟と化していますが
江田島探索① 大君探照灯|遺産、遺跡を求めて…
今回はその①…として大君探照灯を紹介しますw『探照灯』言わるるサーチライトですね。夜間の防衛、戦闘において必要不可欠な設備なんですが…点灯中は光源が非常に目立つ訳でして…照射されていない敵からは間違いなく集中攻撃を受けるんですよね(-_-;)なわけで探照灯は砲
大君底砲台
大君底砲台・発電所・電燈跡17年4月30日、早瀬第一砲台を大急ぎで眺めたついでに早瀬大橋を渡って対岸の大君底砲台、発電所跡を見て来ました。大君底砲台は私有地となっていますのでご注意ください。トッポ作が訪れた時は、工事関係者の方がおられたので了解を取って中に入り