高烏砲台

高烏砲台は広島県呉市にあった旧軍施設。明治35年、広島湾および呉港防禦のため陸軍が構築した砲台である。

大正期に廃止されたが、太平洋戦争が勃発すると海軍に移管されて高角砲が装備されている。

現在は音戸の瀬戸公園として整備されており、兵舎跡などの遺構が見られる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

高烏砲台 住所

広島県呉市警固屋8丁目

高烏砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

高烏砲台 画像

高烏砲台 写真・ブログ・リポート

7n04 高烏砲台跡
高烏砲台跡旧要塞砲台の沿革この花崗斑岩造りの一連の構築物は、旧高烏(たかがらす)砲台の跡です。明治16(1883)年第二海軍区鎮守府の候補地として呉港があげられ、明治19(1886)年7月軍港設置とともに敵の艦砲射撃に備えて軍港防備の陸上砲台は陸軍において構築
広島県 高烏堡塁 その1 -underZero-
高烏堡塁その1(呉市2011/3)明治35年、広島湾および呉港防禦のため陸軍が構築した砲台。大正期に廃止されたが、太平洋戦争が勃発すると海軍に移管されて高角砲が装備されている。戦後は海を臨むロケーションが良かったためか、はたまた平清盛の伝説のおかげか公園として
1406呉市高烏砲台記録
140712更新マルベリー2014年6月、広島県呉市を訪れました。そのときの写真記録です。トップ>小笠原の戦跡>国内戦跡>高烏砲台音戸の瀬戸公園紹介兵舎内部砲台跡砲台下部地下兵舎?同左入口弾薬庫?マルベリーのブロ
高烏砲台跡:響とバイクと山遊び:So-netブログ
音戸の瀬戸広島県の呉から倉橋島とをつなぐ音戸大橋を見下ろす音戸の瀬戸公園とっても狭い海峡を見下ろす桜満開の公園にはごく当たり前のように砲台跡がありました。花崗斑岩で出来た関門要塞などと同じく明治の要塞跡で、海峡を狙える位置にあります。もう見慣れた何時もの部屋は
旧帝国陸軍:高烏堡塁跡(広島県呉市) | 安芸の国から
旧帝国陸軍:高烏堡塁跡1月7日に高烏堡塁跡を訪問しました。現在は音戸の瀬戸公園のひとつ(?)高烏台公園として整備されています。一般には堡塁跡よりも平清盛公日招像がある公園として耳にしたことがある人が多いのではないかと思います。下の写真は公園からの眺め。このとき
高烏砲台跡、行ってみたり( その他文化活動 ) - ktgwkujのブログ - Yahoo!ブログ
高烏砲台跡呉市案内掲示板によるとこの花崗岩造りの一連の構築物は、旧高烏砲台の跡である。明治16年第二海軍区鎮府の候補地として呉港があげられ、明治19年7月軍港設置とともに敵の艦砲射撃に備えて軍港防備の陸上砲台は陸軍において構築することになり、陸軍予算として閣議