甲武トンネル末端廃道

東京都西多摩郡檜原村と山梨県上野原市を結ぶ山梨県道・東京都道33号上野原あきる野線上の甲武トンネルおよび栗坂トンネルの末端に短い廃道がある。栗坂トンネル北側坑口の脇の電源室部分から道がしばらく続き途切れている。また甲武トンネル南側にも同様の短い廃道がある。

トンネルが当初別の線形で構想されていたものの名残らしい。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

甲武トンネル末端廃道 住所

東京都西多摩郡檜原村南郷

甲武トンネル末端廃道 種類

廃隧道

甲武トンネル末端廃道 画像

甲武トンネル末端廃道 写真・ブログ・リポート

ミニレポート 第119回 甲武トンネルの末端廃道
2007年5月26日 このうち、棡原と檜原を結ぶ峠が同路線の最高所であり、主に渓谷沿いを走るこの道でただ一カ所の峠越えである。 この峠は、平成2年に初めて車道が通った場所で、甲武トンネルと栗坂トンネルの二本で尾根を貫いている。 言うまでもなく