西浦砲台

西浦砲台は神奈川県横須賀市にあった旧陸軍施設。

陸軍により大正10年に竣工したが、地盤不良の為に備砲前に計画中止。更に関東大震災により大きな被害を受け、大正14年除籍となった。昭和になってから防空砲台用地として、海軍に移譲されたが、備砲される事は無かった。

酷い藪に覆われているが砲座跡が残っている。

また日影山には左翼観測所が残っており、アクセスは困難だが状態は良いという。

地図はおおよその地点。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

西浦砲台 住所

神奈川県横須賀市秋谷

西浦砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

西浦砲台 画像

西浦砲台 写真・ブログ・リポート

とある戦跡と自衛隊 西浦砲台(未完成)
幻の砲台と良く言われる西浦砲台だが、陸軍により大正10年に竣工したが、地盤不良の為に備砲前に計画中止、なんと第一砲座が大雨で崩れてしまったのだ、更に関東大震災により大きな被害を受け、大正14年除籍となったが、昭和になってから防空砲台用地として、海軍に移譲された
ふぉーとれす 西浦砲台part1
横須賀市秋谷にある西浦砲台大正時代に造られた砲台で震災で被害を受け大正14年に除籍されたらしい。砲が設置されることはなかった。この西浦砲台は一年ぶりに訪れたため場所を覚えているか不安であったが、藪の中に見つけることができた。これは通信室。右翼砲台長位置。分厚い
西浦砲台
西浦砲台砲台マップに戻る横須賀市久留和大正6年起工、大正10年竣工、地盤不良のため備砲前に中止、更に震災により大きな被害を受け、大正14年除籍。七年式三十センチ長榴弾砲4門砲台の予定。設計要領によると「三崎砲台と相俟って相模湾より横須賀軍港を砲撃せんと
とある戦跡と自衛隊 西浦砲台左翼観測所
西浦砲台の左翼観測所が日影山の山頂に現存する、しかしここに到着するのは難しいまず、日影山自体が見つからないだろう、西浦砲台のある山とは全く違う山に存在しているアクセスは難しいが、遺構自体は米軍による破壊や西浦砲台自体の様な、関東大震災の被害も無く金属泥棒が最大
西浦砲台 - 東京湾要塞写真館        
西浦砲台の地下砲側庫前の暗路です。床が隆起しているのは、関東大震災の傷跡です。地盤不良から廃棄されてしまった幻の砲台です。
【快特2SH】2006年6月4日調査報告
武山を後にし、次は秋谷にある西浦砲台へ向かう。その前に、コンビニで飲食料を買い込んで、湘南国際村の展望台で昼食を摂る。小休止の後、子安の里周辺に車を停めて一気に山道を登る。(写真はOKNさん提供)まだ6月に入ったばかりなのに非常に暑い。歩き始めて約30分、草木
ふぉーとれす 密林の西浦砲台左翼観測所
西浦砲台の左翼観測所(大正10年竣工)は砲台とは別の山に存在している。5月、藪探索ギリギリの時期ついに未見であった観測所を見ることができた。OKNさんにご案内いただいた。とてもありがたいですね!後に続き軍道跡を進む。進んでいると貯水用の桶のような遺構があった。