大正飛行場掩体壕

大正飛行場掩体壕は大阪府八尾市にある掩体壕跡。

八尾空港の前身となる旧陸軍大正飛行場の施設だった。現在はこれが大阪府内に現存する唯一の掩体壕だという。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大正飛行場掩体壕 住所

大阪府八尾市垣内4丁目

大正飛行場掩体壕 種類

軍事施設・戦争遺構

大正飛行場掩体壕 画像

大正飛行場掩体壕 写真・ブログ・リポート

旧大正飛行場掩体壕を見に行った。 - YANBO'S BLOG 「四季折々」
八尾市に有る、「旧大正飛行場掩体壕」を見に行きました。仕事は5時までだったので、その後、東にバイクを走らす。昨日の弥刀駅は通らない。国道25号線を通っていく。信貴山のふもと、高安を目指す。そこから北上、旧国道170号線を走る。垣内の地名を探す。何処に有るかはネ
entai_yao01
●帝国陸軍大正飛行場掩体壕【大阪府八尾市】大阪府八尾市垣内には、大阪府唯一の掩体壕が残っています。この掩体壕は、八尾にあった陸軍航空隊大正飛行場(現:八尾空港)の掩体壕として、1943年(昭18年)頃に建設されたそうです。建設の詳しい経緯は不明ですが、当時の大
大阪府・大正飛行場掩体壕:空港探索・3:So-netブログ
八尾空港の北東約3.8kmにある掩体壕。八尾空港は戦時中陸軍の大正飛行場で、この掩体壕はその当時のものです。周辺にはいくつも掩体壕があったのですが、現在はこれが大阪府内に現存する唯一のものなのだそうです。飛行場からの距離もそうなのですが、ここから飛行場方向へは
掩体壕(大阪八尾 2006.8.27)
掩体壕・陸軍大正飛行場(大阪府八尾市2006.8.27)大阪から30分程電車に揺られると、開発は進んでいるものの田園地帯も残っており、その中に掩体壕が残っています。所用で大阪に行ったついでに、最高気温35度という酷暑の中、探索に行ってきました。朝イチで東淀川高
陸軍航空隊大正飛行場  掩体壕 - なおのブログ - Yahoo!ブログ
前回(陸軍大阪航空廠通用門)、前々回(大正飛行場)を紹介しましたが、今回は大正飛行場関連遺産では大物物件の紹介です。それは今も残る「掩体壕」です。掩体壕とは飛行機を敵の攻撃から守る、飛行機の防空壕です。国道170号線(通称:外環状線)の八尾市垣内南(ダイソーが
旧大正飛行場掩体壕
旧大正飛行場掩体壕昭和19年ころ旧陸軍大正飛行場掩体壕。掩体壕とは、飛行機用の防空壕のこと。大正飛行場(現八尾飛行場)から、かなり離れた所にある。参考文献大阪の戦争遺跡ガイドブック、日本戦跡を歩く。大阪府八尾市垣内撮影年月日2002.8.18.[◆大阪近代建築
日本観光ミシュラン : 大阪の戦跡(2)八尾の掩体壕
【その他】八尾の掩体壕(大阪府八尾市)-淡路の高射砲台跡に続き、もうひとつだけ紹介したい大阪の戦跡がある。八尾の掩体壕。かつての陸軍大正飛行場(現在の八尾空港)に配備された戦闘機を格納し、敵の攻撃から守るために建造された。30基あまり造られたという掩体壕のうち
大日本者神國也 -大正陸軍飛行場
2014年7月22日 大正陸軍飛行場の場所> 大正陸軍飛行場は大阪府中河内郡大正村、 南河内郡志紀村(ともに現、八尾市南部)に飛行場、東側に隣接する中河内郡柏原町(現、柏原市)の山際にかけて掩体壕が設定されました。 大正陸軍飛行場(現在)
2007年度戦争遺跡見学会 - 栗東市
戦争遺跡見学会 ~陸軍大正飛行場と掩体壕(えんたいごう). ↑旧陸軍大正飛行場の掩体壕. 日時: 平成19 内容:大阪府八尾市におかれた陸軍大正飛行場に関連する戦争遺跡を、現地で調査活動を行っておられる大西進さんの案内のもとで見学します。
陸軍航空隊大正飛行場 掩体壕 : -廃虚日常記録帳-
朝んぽ中のマダムが人物比に丁度いい。 ここは陸軍航空隊大正飛行場の掩体壕として、1943年頃に建設されたそうです。そういえば、この年のGWはフル出勤でストレスMAXだったなぁ… でも、お陰で平日休みが取れて、来れ