横沢入の戦車橋・地下壕

横沢入の戦車橋・地下壕は東京都あきる野市にある戦争遺構。

五日市線武蔵増戸駅・武蔵五日市駅間の横沢入(よこさわいり)と呼ばれるエリアは里山保全地域となっているが、太平洋戦争中の1944(昭和19)年11月から1945(昭和20)年2月にかけて旧日本陸軍が地下壕を掘削、兵器・資機材の隠匿場所として使用していた。

いくつかの地下壕跡の他、戦車の車台を利用した橋(実際には戦車が牽引する台車の試作車だったらしい)が二箇所残っている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

横沢入の戦車橋・地下壕 住所

東京都あきる野市三内

横沢入の戦車橋・地下壕 種類

軍事施設・戦争遺構

横沢入の戦車橋・地下壕 画像

横沢入の戦車橋・地下壕 写真・ブログ・リポート

横沢入の地下壕と戦車橋 - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
東京都あきる野市、JR五日市線の武蔵増戸(むさしますこ)駅と武蔵五日市(むさしいつかいち)駅の間に、通称“横沢入(よこさわいり)”という地域があります(正式な地名は“横沢”)。この“横沢入”は東京都の里山保全地域となっていて、丘陵地に雑木林、農地、湿地、湧水が
横沢入の戦車橋(牽引車)
横沢入の戦車橋(牽引車)2007/1/13あきる野市の武蔵五日市駅に程近い横沢入というところに旧陸軍の牽引車(らしい)の台枠を使った小さな橋通称戦車橋2つがあります。GPSでの位置測定と実物の測定をしてきました。概略図JR武蔵五日市駅から東に行き、旧道から大悲
多摩の戦争物語
【横沢入の地下壕跡】空襲とは直接関係がありませんが、武蔵五日市駅近くの横沢入(あきる野市)には陸軍が兵器や資材を立川から疎開させたという地下壕がいくつか残されています。横沢入は現在幸にも大規模な開発にさらされることもなく「里山保全地域」に指定され、多くの人々に
②戦争遺跡・横穴壕写真のように山裾を人工的に掘り込んだ跡が、伊奈石の会と山梨学院大学考古学研究室が2000年に行った調査で35箇所も発見された(注1)。この調査では最上流部(北側)の釜の久保にあるものを1号壕とし、南へ順に番号を付けた。写真は十字路から東へ向か