東京製綱小倉分工場

東京製綱小倉分工場は福岡県北九州市小倉北区にあった工場。

炭鉱で使用されるワイヤーロープを製造していたという。1906(明治39)年竣工の事務所と倉庫が残る。

現在は吉川精密の敷地内に位置し、アートイベント会場等として活用されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

東京製綱小倉分工場 住所

福岡県北九州市小倉北区高浜

東京製綱小倉分工場 種類

廃工場・発電所

東京製綱小倉分工場 画像

東京製綱小倉分工場

東京製綱小倉分工場 写真・ブログ・リポート

“東京製綱小倉分工場” - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
普段、よく通る小倉北区の道添いに“東京製綱”という看板がある。その敷地内はどうやら工場のようだが、その中に煉瓦造の建物が数等残り、どんな生い立ちがあるのだろうと、気になっていた。そこで調べてみると、“東京製綱”とは文字通り東京に本社を置き、社名通り、綱、即ちワ
北九州市小倉北区 「 旧東京製綱小倉分工場事務所 」 - 「 九州・沖縄ぐるっと探訪 」
小倉北区「旧東京製綱小倉工場事務所」東京製綱旧事務所所在地/北九州市小倉北区高浜1-3-1竣工/明治39年(1906年)様式/事務所(棟瓦造2階建)建築主/東京製綱施工業者/清水組小倉駅から国道199号線を通って車で3分足らずで、右側に赤煉瓦の工場群が見えて来
北九州市小倉北区 「 旧東京製綱小倉工場倉庫 」 - 「 九州・沖縄ぐるっと探訪 」
小倉北区「旧東京製綱小倉工場倉庫」所在地/北九州市小倉北区高浜1-3-1竣工/明治39年(1906年)様式/倉庫(棟瓦造平屋)建築主/東京製綱施工業者/清水組平屋妻飾りの倉庫は入り口近くの右手にあり、事務所の手前に位置している。東京製綱小倉分工場については、事
廃墟&近代化遺産(東京製綱小倉分工場):響とバイクと山遊び:So-netブログ
北九州市の関門海峡沿いを走るR199沿いを走ってると素敵な赤レンガの建物が見えてきます。(脇見注意!)このレトロな建物は東京製綱九州支店の敷地内にありますが窓ガラスも割れてるので廃墟になってるようです。屋根に尖がりを発見!暖炉があるのでしょうね、煙突もとっても
ALL-A blog 旧東京製綱小倉工場事務所
小倉駅の北口(新幹線側)から国道199号線を門司方面に少し進んだところに、吉川精密というメーカーの工場があります。ここはもともと東京製綱の小倉工場で、筑豊の炭鉱で使う巻揚機用ワイヤロープなどを製造していました。小倉工場は2002(平成14)年に閉鎖されて敷地は
『北九州・福岡の近代化遺産』のつくりかた。  東京製綱小倉分工場
工場の方からは、「もうじき取り壊すかも」と言われ、でもこれは載せたい!という意志の元、何とか書き上げた項目です。この写真にある事務所棟に関しては、何とかしたいという話もありましたが、倉庫棟については今もなお、いつ取り壊されても仕方ない状況ではないかと考えられま
ここだけの話 東京製綱小倉分工場
官営製鉄所が開業し、筑豊の石炭が増産されるようになると、中央資本も続々北九州に注目しはじめました。東京製鋼はロープを造る会社。炭鉱で使うワイヤロープを造るために1906(明治39)年ここにやってきました。第一次大戦では大量の軍需注文で生産増。関東大震災で生産増
歴史を撚る【旧東京製綱小倉工場事務所棟】 - 北九州の近代化遺産 - FC2
現在は金型部品メーカーの敷地内にあり、塀越しに建物を見る事は出来る物の、一般公開はされていない。 現在は使われておらず、ほぼ廃墟と化している。 . 旧百三十銀行八幡支店. 小倉陸軍造兵廠引き込み線. 門司港駅. 養福寺貯水池. 養福寺貯水池. 白州灯台. 軍艦防波堤. 旧第十二師団司令部の正門....