九人ヶ塔隧道

九人ヶ塔隧道は大分県宇佐市にある廃隧道。県道42号線にある現・九人ヶ塔トンネルの南側に位置する。

フェンスで封鎖されているが、一部が壊れて開いた状態になっているという。キノコ栽培に使われていたらしい。

なお、隧道入口そばに廃モーテルがある。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

九人ヶ塔隧道 住所

大分県宇佐市安心院町下毛

九人ヶ塔隧道 種類

廃隧道

九人ヶ塔隧道 画像

九人ヶ塔隧道 写真・ブログ・リポート

旧・九人ヶ塔隧道 - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
先日、埋もれたトンネルの記事を載せたところ、思いの外ご好評(若干4名様)を頂いたので、調子に乗って再び廃トンネルを見つけてきました。とは言っても、今回もたまたま通りすがりに見つけただけなのですが。場所は大分県の県道42号線、院内(いんない)町と安心院(あじむ)
九人ヶ塔隧道1 ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR
国東半島の付け根に位置する別府と中津の丁度中間付近の山中に、ゆくゆくは重要な土木遺産に指定されるであろう希少価値の高い隧道が眠る。近年宇佐市に吸収された院内町と安心院町。かつて隣り合っていた二つの町の境界線上に、その昔から人馬の通行さえ容易ならざる急坂険路の難
九人ヶ塔隧道
九人ヶ塔隧道くにんがとう旧県道山香院内線大分県宇佐市(安心院町)延長83.0m幅員5.80m竣工1913年戦国時代の伝承が残る院内町と安心院町を結ぶ峠に残る総石造りの旧隧道。時代こそ大正初期と天城隧道や鹿背洞道などよりも下がるものの全国的にも貴重な存在といえる