津市半田の寝仏

山中に残る寝仏像

三重県津市半田の寝仏。

付近には大戦中の地下軍需工場跡があり、その地下壕跡を利用し奈良県生駒の信貴山が宗教施設を作ろうとしたが、未成のまま終わり、運び込まれた寝仏像がそのまま放置されているらしい。

航空写真からも確認できる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

津市半田の寝仏 住所

三重県津市半田

津市半田の寝仏 種類

廃寺・宗教施設・廃寺

津市半田の寝仏 画像

津市半田の寝仏

津市半田の寝仏 写真・ブログ・リポート

Digital Artworks TeeART Blog. [遺構] 津市山中にある謎の寝仏
blog読者のたにまちさんより、津市半田地区に関するいろいろな情報を頂いた。その中に、寝仏の情報と、その近くにある地下壕の情報があった。今回、その全貌を探るべく、ここ、津市半田地区へとやってきたのだ。googlemapの航空写真にも写っている巨大な寝仏。まるで
起きていらした寝槃像(津市): たなぼた
これは三重県津市半田というところの丘陵地を撮影した写真。真ん中の緑色の物体は何だ。もしかして巨大な仏像なのか?「伊賀探索」の下調べの折りに見つけ、調べたがよくわからない。なので、帰りがけに寄ってみた。(探索の本題である記事のほうはまだね)航空写真では周囲に道路
日本の為に戦ってくれた英霊を忘れない 磨洞温泉「涼風荘」
この巨大地下壕の一部をリニューアルし、宗教施設に転用しようとした時期があるそうで、おかみさんの話によると、工事の依頼人は奈良県生駒の信貴山だそうです。資金繰りの悪化で計画は途中で頓挫してしまった様で、おかみさんは完成を非常に楽しみにしていたそうです。参拝客の見
貧乏節約ライダーのブログ: 津市半田の洞窟と巨大寝仏を見てくる
津市半田の洞窟と巨大寝仏を見てくる 廃墟系のブログをネットでいろいろ見ていたら、 津市に巨大な地下壕の跡が残っていることを知ってしまったので、 どんなものなのかと見てきました。 まず入り口。 不気味な口を開いていた。
貧乏節約ライダーのブログ: 津市半田の洞窟と巨大寝仏を見てくる
廃墟系のブログをネットでいろいろ見ていたら、津市に巨大な地下壕の跡が残っていることを知ってしまったので、どんなものなのかと見てきました。まず入り口。不気味な口を開いていた。たった一人で来たので怖いが少し中に入ってみる。この穴は下に向かって伸びているが、数メート