掩体壕大沢1号、2号(武蔵野の森公園)

掩体壕大沢1号2号は東京都府中市の武蔵野の森公園にある掩体壕。

太平洋戦争中、空襲から戦闘機を守るために作られた物で、戦闘機・飛燕が格納されていた。

史跡として保存されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

掩体壕大沢1号、2号(武蔵野の森公園) 住所

東京都府中市朝日町3丁目

掩体壕大沢1号、2号(武蔵野の森公園) 種類

軍事施設・戦争遺構

掩体壕大沢1号、2号(武蔵野の森公園) 画像

掩体壕大沢1号、2号(武蔵野の森公園)

掩体壕大沢1号、2号(武蔵野の森公園)

掩体壕大沢1号、2号(武蔵野の森公園) 写真・ブログ・リポート

ぽっ~んと独り言 掩体壕大沢1号、2号
近藤勇の生家近くの武蔵野の森公園に残る掩体壕大沢1号、2号。これは大沢2号。コンクリもボロボロになっていますが・・・若干1号と比べると放置プレイ中という感じ。こちらは大沢1号。飛燕の絵が描かれていて、こんな感じで入っていたとのイメージがわきやすいですね。そのと
飴色金魚 / 東京都 / 三鷹市 / 掩体壕・大沢1号&2号(武蔵野の森公園)
掩体壕・大沢1号。「写真と地図で読む!知られざる軍都多摩・武蔵野」の情報によると、周りは木に囲まれているとか、現在工事中で近づけないとか(それでも気になって探しちゃったんだけど)。どうやらこの本が発行された2005年以降に周りの木は伐採されて、武蔵野の森公園の
武蔵野の森公園・掩体壕「大沢1号」「大沢2号」 【▲→川俣晶の縁側→歴史と文化→歴史資料館巡り】
今日は、東京に来ている知人から誘われたので、武蔵野の森公園に残る太平洋戦争中の戦闘機の掩体壕を見に行きました。アクセス§武蔵野の森公園は、調布飛行場の北側の敷地にあります。飛行場の向かい側に味の素スタジアムが見えますが、最寄り駅は西武多摩川線の多磨駅になります
調布飛行場の脇にある大沢1号、大沢2号掩体壕|はやこま すていしょん!
東京の調布飛行場周辺には戦時中に飛行機を隠していた掩体壕が現存しているという話をしましたが、その時に紹介した府中市の史跡である旧陸軍調布飛行場白糸掩体壕の現状確認と、まだ見ていない三鷹市内の掩体壕大沢1号、大沢2号を見に行ってきました。大沢1号、大沢2号は都立
No.33:大沢掩体壕を訪ねる: たまの玄太のブログ
東京都三鷹市大沢という処に「旧陸軍調布飛行場・大沢掩体壕1号・2号」という戦跡が在ります。掩体壕についての一般的な説明は前号でしましたので、本号では省略します。次図は大沢1号掩体壕の外観で、右手前に3式戦闘機・飛燕のブロンズ製模型が設置されているのが特徴です。
庭園百景
調布飛行場の周囲にはそのような掩体壕が役目を終えて放置されたり、宅地化で徐々に撤去されたりしていました。そのうちの2基のある周辺を公園として整備したのが、武蔵野の森公園で、掩体壕は2基とも公園の東側にあります。大沢1号と呼ばれる掩体壕は