佐賀県 廃鉱・採石場跡 廃墟一覧

三菱古賀山炭鉱は、佐賀県多久市にあった炭鉱。 明治23年に三菱が古賀山炭鉱を譲り受け、最盛期には従業員1000名、年間最大出炭量53万トンを誇った。昭和43年1月閉山。...
向山炭鉱は、佐賀県伊万里市山代町にある炭鉱跡。1963年に閉山。海に沈む炭鉱跡として知られる。 海上に残存する遺構は、浮積込桟橋の跡だという。
杵島炭鉱大鶴鉱業所(きしまたんこうおおづるこうぎょうしょ)は佐賀県唐津市にあった炭鉱。 明治期に開鉱。1934年(昭和9年)に香春鉱業の経営となり、1936年(昭和11...
国見炭鉱株式会社国見炭鉱は佐賀県伊万里市にあった炭鉱。 1952(昭和27)年3月11日開坑、1968(昭和43)年4月閉山。 封鎖された坑口、索道土台跡らしき遺構、門柱跡...
明治佐賀炭鉱は、佐賀県‎多久市‎にあった炭鉱。佐賀県最後の炭鉱だった。 ホッパーや引き込み線などの遺構が残っている。
日満鉱業国見炭鉱は佐賀県西松浦郡有田町にあった炭鉱。 松浦鉄道西九州線の夫婦石駅隣にホッパーが残っている。コンクリート製品工場の中に位置している。
泉山磁石場は佐賀県西松浦郡有田町もある採掘場。 有田焼の原料となる陶石が採掘されていた。元和2(1616)年、陶祖李参平が、日本で最初に白磁鉱を発見した場所で、以...
多久炭鉱は佐賀県多久市にあった炭鉱。 ホッパー跡などが見られる。 地図はおおよその地点。
楠久炭鉱は佐賀県伊万里市にあった炭鉱。 大正6(1917)年、楠久炭鉱が開坑。1968年(昭和43年)閉山。 新一坑跡付近のコンクリート柱が残る他、軌道の橋梁跡が見られ...